【イベントレポート】ベイビーレイズJAPAN、三重県ライブで新曲を初披露

twitterツイート

5月30日、ベイビーレイズJAPANの全国ツアー<ベイビーレイズJAPAN SPRING TOUR 2015>の四日市公演が行われた。ベイビーレイズJAPANにとっても、改名以前のベイビーレイズにとっても、三重県でのライブはこの日が初めて。昼、夜に行われた両公演ともチケットは即完し、会場は超満員となった。

◆ベイビーレイズJAPAN画像


三重県はメンバーの高見奈央の出身地ということもあり、会場のテンションは始めから最高潮だ。メンバーの圧巻のステージで一気にボルテージを上げると、その後も盛り上がりはそのままに、緩急のあるパフォーマンスや演出、MCで会場を熱狂の渦に巻き込んだ。


また、この日は収録未定の新曲「SHOW TIME」を初披露、ファンにとって思わぬサプライズとなった。この曲は、ベイビーレイズJAPAN初の自己紹介ソングで、親しみやすいロック調の中にラップやヘッドバンキングなどが取り込まれたライブで盛り上がり必至の楽しい楽曲だ。

今回の全国ツアーの中で、ベイビーレイズJAPANが新曲を披露したのは、先日の札幌公演で初披露した「Baby Kiss」に続き2曲目のこと。全19都市をまわる全国ツアーだが、新曲が加わったり毎公演セットリストが変化したりと、毎公演ごとに進化を続けている。ツアーファイナルとなる川崎CLUB CITTA’公演はオール生バンド公演ということで尋常じゃな盛り上がりになることだろう。もしかすると、全国ツアー3曲目となる新曲の初披露も期待できる…かも。


◆ベイビーレイズJAPANオフィシャルサイト
◆「ベイビーレイズJAPAN SPRING TOUR 2015 –IDOROCK SENSATION-」
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報