Raglaia、新曲は激アツヘヴィ&アグレッシヴ

twitterツイート

4月にシングル「Breaking Dawn」を引っ提げて衝撃のデビューを果たしたRaglaia(ラグライア)。元AldiousのRAMI(Vo)、K-A-Z(G:SADS/カイキゲッショク)、ERY(B:KiLLKiLLS)、そして黒夢やTHE冠、AIONをはじめ様々なアーティストのサポートドラマーとして活動しているYOUTH-K!!!(Dr:BAT CAVE)という実力と強烈な個性を持ち併せた4人が集まったこのバンドは、2015年のラウド・シーンの台風の目として早くも話題沸騰中だ。

◆Raglaia画像

デビュー・シングルがオリコン・デイリーCDシングル・ランキング13位、オリコン週間CDシングル・ランキングで20位を記録し好スタートを切った彼女達は、4月中旬から2ndシングルのレコーディングに突入した。その中から1曲「Aching Memories」がすでにweb上で公開されている。重厚なサウンドとテクニカルな演奏、メロディアスなヴォーカル・ラインが印象的なこの曲は、Raglaiaの魅力をさらに引き出したナンバーであるが、これほどヘヴィでかつアグレッシヴな曲をシングルにするのはいかにも彼女達らしいと言える。


この2ndシングルはMusic Videoの撮影も終えたということで発売が待たれるが、その前にバンドは6月の中旬から東京・渋谷クラブクアトロをはじめとする東名阪のワンマンツアー<Breaking Dawn Tour 2015>を実施する。

このツアーではデビュー・シングルに収録されていた3曲や、2ndシングルに収録予定の曲や新曲に加え、RAMIファンが泣いて喜ぶであろうあの楽曲も披露されるとのこと。RAMI個人にとっても久しぶりのライヴとなる今回のツアーは、各所で凄まじい盛り上がることは間違いないだろう。さらに渋谷クラブクアトロと梅田クラブクアトロでのライヴのオープニング・アクトとしてCherryHearts(チェリーハーツ)の出演の決定も明らかとなった。現在、東京を拠点に活動しているガールズ・バンドのCherryHeartsは、一緒に歌って踊りたくなるようなキャッチーなメロディが魅力のアイドル的な雰囲気を持ったポップ・ロック・バンドで、インディー・シーンではネクスト・ブレイク・バンドとして人気急上昇中である。敢えてラウド系やメタル系のバンドを起用せずに、たとえ無名であっても、楽曲を優先してオープニング・アクトを起用するのもRaglaiaならではのこだわりである。

文:JUN KAWAI

<Raglaia “Breaking Dawn Tour 2015”>

6月12日(金)渋谷クラブクアトロ
6月13日(土)名古屋クラブクアトロ
6月21日(日)梅田クラブクアトロ

◆ラグライア・オフィシャルサイト
◆RAMI オフィシャルブログト
◆チェリーハーツ・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報