マイケル・モンロー、スラッシュと共演

twitterツイート

先週木曜日(5月28日)、フィンランド/ヘルシンキで行われたスラッシュ・フィーチャリング・マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレーターズのパフォーマンスに、マイケル・モンローがゲスト出演した。

◆マイケル・モンロー画像

スラッシュ達は、モンローをフロントマンに「Doctor Alibi」「We’re All Gonna Die」の2曲をプレイしたという。モンローはこの日、オープニング・アクトとして参加していたが、共演も実現した。

また同じ日、遠く離れたLAでは、スラッシュ(ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)のバンド・メイト、ダフ・マッケイガンがセバスチャン・バックと共演していた。彼らは、プライベート・イベントでガンズ・アンド・ローゼズの「Patience」をプレイしたそうだ。セバスチャンはこのときの映像をYouTubeで公開している。

マイケル・モンローはライブの前、10月16日にニュー・アルバム『Blackout States』をSpinefarm Recordsからリリースすることを発表した。土曜日(5月30日)にはロンドン/カムデンのクラブでプレイし、そのパフォーマンスが撮影された。1stシングルのミュージック・ビデオに使用するという。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報