1966 QUARTET、ビートルズに対するリスペクトをたっぷり込めたジャケット公開。

ツイート


女性クラシカルユニット「1966 QUARTET」が、​初のベスト盤『BEST OF 1966 QUARTET』のジャケット写真を公開した。

◆1966 QUARTET 画像

ザ・ビートルズをはじめとする洋楽アーティストの名曲をクラシックアレンジで奏でるクラシカル・ユニット、1966 QUARTE​T。彼女達は、日本中が熱狂したビートルズ来日の年「1966」をカルテット名に冠し、2010年11月に『ノルウェーの森 ~ザ・ビートルズ・クラシックス』で日本コロムビアよりCDデビューしている。今回公開されたジャケットも、ビートルズに対するリスペクトの精神がたっぷり込められたもので、“あの作品”を彷彿とさせるデザインだ。

デビュー5周年の集大成として発売される今回のベスト盤には、彼女達のコンサートでしばしば取り上げている十八番のナンバーを中心に、各メンバーがソロフィーチャーされた曲を選曲。CDの収録時間限界まで詰め込んだ珠玉の全26曲の中には、単なるベスト盤にとどまらない、多数のスペシャルトラックが収録される​。さらに、2014年​6​月17日に開催された東京​・​銀座王子ホールでのコンサートから「ロックン・ロール・ミュージック」(アンコール)や​、​4人の座談会を​たっぷりと収録​した​DVD​も付くということだ。



なお7月からは、1966 QUARTETとして初めてのライブハウスツアーを全国3ヶ所で実施。更に10月には東京・銀座王子ホールにて、アルバム発売記念コンサートが決定している​。



[1966 QUARTET​ ​LIVE]
7月25日(土) 横浜・MOTION BLUE YOKOHAMA
7月29日(水) 名古屋・NagoyaBlueNote
7月30日(木) 大阪・Billboard Live OSAKA

[1966 QUARTET・コンサート]
10月6日(火) 東京・銀座王子ホール:開場 18:30 開演 19:00

[1966 QUARTET (イチキュウ​ ​ロクロク​ ​カルテット)​プロフィール​]

メンバー:松浦梨沙(Vn) 、花井悠希(Vn) 、林はるか(Vc)、江頭美保(Pf)
クラシックのテクニックをベースに洋楽アーティストのカヴァーをする女性カルテット。日本中が熱狂したビートルズ来日の年「1966」をカルテット名に冠し、2010年11月、「ノルウェーの森 ~ザ・ビートルズ・クラシックス」で日本コロムビアよりCDデビュー。王子ホールでデビュー・リサイ​タ​ルを開催。クイーンおよび、マイケル・ジャクソンのカバーアルバム(2011年および2012年)では、クラシックの上品なイメージを破る、ロック・スピリッツ溢れるパフォーマンスが高く評価される。ビートルズへと原点回帰した​4​作目のアルバム「HELP!」(2013年)では、生気溢れる鮮烈なプレイで、ユニットとしての更なる進化を聴かせた。ビートルズの聖地、英国ロンドンのアビイ・ロード・スタジオでのレコーディングを実現させた​5​作目のアルバム「アビイ・ロード・ソナタ」(2014年)では、ビートルズの楽曲とクラシックの名曲を高次元で融合させることに成功し、絶賛された。全国各地でのコンサート活動を精力的に繰り広げる一方で、TVの音楽番組への出演や、LUX(ユニリーバ)のCMに起用(2014年)など、多彩な活動から目が離せない。2015年、初のベスト盤をリリースするとともに、同年7月にはライヴ​ハ​ウスツアーを初敢行。

​​​
ベストアルバム『BEST OF 1966 QUARTET』

2015年6月24日(水)発売(CD+DVD)
COZQ-1039~40 ¥3,000+税

[DISC-1 収録曲]
1. ロックン・ロール・ミュージック Rock and Roll Music
2. キャント・バイ・ミー・ラヴ Can't Buy Me Love
3. ボーン・トゥ・ラヴ・ユー I Was Born To Love You
4. レット・イット・ビー Let It Be
5. スリラー Thriller
6. ウィ・ウィル・ロック・ユー We Will Rock You
7. ラヴ・ミー・ドゥ- Love Me Do
8. プリーズ・プリーズ・ミー​ Please Please Me
9. フロム・ミー・トゥーユー From Me To You
10. シー・ラヴズ・ユー She Loves You
11. ベンのテーマ(フィギュアスケート・ヴァージョン) Ben​ ​(Figure Skate Version)
12. ハード・デイズ・ナイト A Hard Day’s Night
13. ヘルプ! Help!
14. ロング・アンド・ワインディング・ロード The Long And Winding Road
15. 伝説のチャンピオン We Are The Champions
16. ドント・ストップ・ミー・ナウ Don't Stop Me Now
17. ハロー・グッドバイ Hello Goodbye
18. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
19. リトル・スージー Little Susie
20. バッド Bad
21. アクロス・ザ・ユニバース​ ​Across the Universe
22. レディ・マドンナ​ ​Lady Madonna
23. イエスタデイ Yesterday
24. ミッシェル Michelle
25. ヘイ・ジュード Hey Jude
26. カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲 LUXスペシャルヴァージョンIntermezzo from Cavalleria Rusticana LUX Special Version

アルバム『ノルウェーの森』より (4, 14, 24)
アルバム『ウィ・ウィル・ロック・ユー』より (3, 6, 15, 16)
アルバム『スリラー』より (5, 19, 20)
アルバム『HELP!』より (2, 13, 17 ,18, 23)
アルバム『アビイ・ロード・ソナタ』より (12, 21, 22)
新録音初出音源 (1)
再録音初出音源 (7, 8, 9, 10)
別ヴァージョン初出音源 (25)
初商品化音源 (26)
初CD化音源 (11)

[DISC-2​ ​(DVD)​]
ロックン・ロール・ミュージック 2014年​6​月​17​日王子ホール(アンコール)
5周年を振り返るスペシャル座談会(約20分)

この記事をツイート

この記事の関連情報