木村竜蔵、そっくりさんが80年代カバー曲を披露

ツイート

木村竜蔵のそっくりさん“木村隆三”が、6月3日に渋谷・サラヴァ東京で弾き語りライブを行なった。

◆木村竜蔵 関連画像

このたび行なわれたイベントは、新曲「落蕾 ~ラクライ~」のミュージックビデオで木村竜蔵がサラリーマン役を演じたところ、「スーツ姿の方がカッコいい!」とSNS上で話題になったことから企画されたもの。“木村隆三”は木村竜蔵の1stアルバム『碧の時代』のテーマとなっている、1980年代の楽曲から「ルビーの指環」、「悲しみにさよなら」などをカバーし、全4曲を披露した。

また、アルバム『碧の時代』のリリースを記念し、本作にサウンドプロデューサーとして参加したAZUMA HITOMI、奥野真哉、木暮晋也が、6月29日に渋谷LOOP Annexで行なわれるイベントにゲスト出演することを発表。3名それぞれが木村竜蔵とのコラボ演奏を行なう。さらに、木暮晋也はソロでの弾き語りも披露するとのこと。

なお、テレビ神奈川ほかで放送中の『未来定番曲~Future Standard~』では、次回放送より二週に渡り木村竜蔵がピックアップされることが決定した。番組では、彼の今後の活動やライブに密着した映像が放送される予定だ。


1st Album『碧の時代』

2015年6月3日(水)発売
CRCP-40413 ¥2,778+税
1.アクアリウム
2.落蕾~ラクライ~
3.約束の鐘
4.迎えにゆくよ
5.涙の花
6.太陽の戯れ
7.夏の夢、君は幻
8.うたかた
9.海の淵
10.君に出会える街
11.新しい風
12.紡ぐ(Album Mix)

タイアップ情報

「太陽の戯れ」:千葉テレビ『シャキット!』エンディングテーマ
「迎えにゆくよ」:FM三重『RADICAL TUNES』エンディングテーマ

この記事をツイート

この記事の関連情報