アナセマ、初来日公演決定

ツイート

新世代ブリティッシュ・プログレッシヴ・ロックの雄、アナセマが遂に日本上陸を果たす。8月31日と9月1日の2日間のみ、恵比寿リキッドルームでの初来日公演が決定した。

◆アナセマ画像

日本の音楽ファンが聴きやすいライヴ環境を作るため、限定ながらイス指定席が設置されるという。チケットは6月6日(土)深夜2時の「伊藤政則のロックTV!」番組内で最速先行発売される予定だ。


本国イギリスのみならず日本でも熱狂的な反応を得た最新アルバム『ディスタント・サテライツ』によって、アナセマはUKネオ・プログレッシヴの“新しい波”の旗手としてのポジションを確立させた。知的でメロディアス、ヘヴィで叙情派のサウンドは、25年の月日を経て熟成されてきたものだ。

1990年にリヴァプールで結成したアナセマは、当初パラダイス・ロストやマイ・ダイイング・ブライドと共にデス/ドゥーム・メタル・バンドとして活動してきた。だが彼らは進化を続け、“進歩的=プログレッシヴ”な音楽性を追求する孤高のバンドとして支持されてきた。ピンク・フロイドやレディオヘッドと比較され、ポーキュパイン・トゥリーのスティーヴン・ウィルソンとの交流も行っている彼らの音楽性はジャンルを超えてポスト・ロックやシューゲイザー、アンビエントまでも内包してきている。




彼らのサポート・アクトとして同行するバンドとして、ソルスターフィアも来日を果たす。北欧アイスランド出身のプログレッシヴ・ポスト・メタル・バンドである彼らもまた、結成20年を迎えるベテランだ。全編母国アイスランド語で歌われた通算5作目となる日本デビュー作『オウッタ』はヨーロッパ各国の専門誌で年間ベストに選出され、来日が待たれてきたところでもある。「ラウーグナイッチ」のミュージック・ビデオはアイスランドの大地で撮影された9分を超える大作だが、はたして彼らがどのようなステージを披露するのか、彼らのライブもまた楽しみなところだ。




<伊藤政則のロックTV!プレゼンツ「ROCK OF CHAOS VOL.2」>

ANATHEMA 初来日公演
Opening act Solstafir(ソルスターフィア)from Iceland
8月31日(月)@恵比寿リキッドルーム
9月1日(火)@恵比寿リキッドルーム
18時開場 19時開演
イス指定席 ¥7,500(税込/1Drink別)
スタンディング ¥6,500(税込/1Drink別)
チケット一般発売日:6月27日土曜日
チケット最速先行発売サイト・ワードレコーズ・ダイレクト:www.Wardrecords.com
クリエイティブマン:http://www.creativeman.co.jp/

◆アナセマ日本盤サイト
◆ソルスターフィア日本盤サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報