【詳細レポ】GLAY、20周年締めくくる東京ドームで生まれた“新たな夢”

ツイート

GLAYが5月30、31日、10年ぶりに東京ドームにて単独ライブ<20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME Miracle Music Hunt Forever>を2日間にわたって開催した。11万人を動員したこの2日間の公演を通して、10年前にここでオーディエンスと交わした“約束”をきっちり守った彼ら。彼らはまた新たにファンが待ちこがれる壮大な夢を作り、デビュー20周年のアニバーサリーイヤーを締めくくった。BARKSではGLAYが5月31日に開催したライブの模様をレポートでお届けする。

◆東京ドーム公演<20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME Miracle Music Hunt Forever> 画像

じつに温かくて、どこまでも人間味が溢れていて、みんなが家族のよう――。スケール感たっぷりのドーム公演で、こんなにもぬくもりを肌で感じさせてくれるアーティストは彼らしかいない。GLAYが20年間歩んできたMUSIC LIFE、その根幹にあるものをまざまざと体感したのは、この公演のオープニングとエンディングの演出だった。

まずはオープニング。会場が暗転すると、交響曲「ツァラトゥストラはかく語りき」が鳴り響くなか、舞台上にあった巨大な筒状のLEDがリフトアップ。その中から10年前に東京ドーム公演でTERU(Vo)が「10年後に取りに来る」とステージに残していった白いジャケットが降りてくるのと同時に、アリーナ後方にメンバーが登場。4機の真っ白いビッグバルーン(直径7.3m)にTERU、TAKURO(Gt)、HISASHI(Gt)、JIRO(B)が次々と乗り込んでいく。彼らは地上30mまで上昇したバルーンの中でアリーナ席からスタンド最上階までを見渡し、移動するバルーンにあわせ、集まったオーディエンスみんなに挨拶を届けながらじっくり時間をかけてステージへと向かった。

さらにコンサートのエンディングでは、最後の曲の演奏が終わった直後、今度はTOSHI(Ds)とSEI(Key)のサポートメンバーも引き連れてオーディエンスに挨拶をするためだけにフロート車(ステージセットと同じデザインが施された)に乗り込み、アリーナの外周を時間をかけて1周している。“20年というキャリアを立ち止まることなくここまで歩んでこられたのは“君”がいたから”。そんな思いと感謝の気持ちを、このドームという場所でわざわざひとり一人に向けて、丁寧に心から心へと伝え届ける。それがGLAYというバンドなのだ。そんな誠実さが、10年前の約束を彼らに実現させた。

ライブは、舞台に到着したTERUが10年前に置いていった白いジャケットを羽織るところからスタート。20年たったいまもGLAYには夢見る未来があることを綴った「疾走れ!ミライ」で勢いよく幕を開けると、キャリアを重ねても気持ちはあの頃と変わらないというように、次は「Young oh! oh!」へ。ドーム公演には欠かせないナンバーで客席には大合唱が広がり、TAKURO、HISASHI、JIROは花道へと駆け出す。そして「OK、ドーム。ついにこの日がやってきました。約束を守ってくれた人たちみんなありがとう!」と最初のMCで観客に挨拶をしたTERUは、この後「この言葉を10年間いいたくてたまりませんでした。東京ドーム!!」と大声でシャウト。「気持ちいいんだよね、これいうの」といって全開の笑顔を見せる。


続いて始まった「everKrack」は映像で観客を笑わせ、それを受けて「月に祈る」はTAKUROみずから自分のこめかみを指のピストルで打ち抜くパフォーマンスからスタート。そして大ヒットシングル「誘惑」のサビ歌が始まると、ドームにとてつもない観客の大合唱が炸裂する。キャリアを経ても消え失せないキラーチューンの破壊的な威力をまざまざと見せつけたあとは、シングルカップリング曲でありながらファンに愛された「春を愛する人」を大切に届け、続いてヒット曲「SOUL LOVE」では再びオーディエンスの大合唱を巻き起こす。客席にいる全員が、ビートに合わせて頭上で前後に手を振る。ドームだからこそ生まれるその迫力ある客席の光景を、アリーナの最前列から最後尾まで流れるようにムービーカメラが走り、スクリーンに映し出していったところも圧巻だ。

そのあと「Only Yesterday」をはさみ「浮気なKISS ME GIRL」が始まると客席に浮かんでいた40球のカラフルなバルーンが爆発。すると、なかに入っていた400個のカラフルなズラー(TERU考案によるキャラクター)バルーンが一斉に客席に飛び散り、これにはファンも大喜び。この後は再びTERUのMCが始まり、ここでは「10年前のドームに来てた人?」と聞かれ、客席の過半数の人が挙手。ずっと自分たちを見守ってくれていたファンがこんなにもいたことを改めて実感した彼ら。TERUの口からは「GLAYは20年間、大変なこともたくさんありました。でも、これから10年、20年は楽しいことだらけにしていきたいと思います」という嬉しい言葉がファンに届けられた。
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス