ノエル・ギャラガー、公演中、デモを渡してきたファンに…

twitterツイート

週末(6月6日)米ボストンで開かれた公演で、ノエル・ギャラガーがファンからデモCDを渡され、いつものごとく、機知に富んだジョークで会場を沸かせた。

◆ノエル・ギャラガー画像

オーディエンスの中に彼へCDを手渡そうとしているファンがいることに気づいたノエルは、パフォーマンスを中断し、それを受け取った。そして、その2枚のCDを見分した後、「自分のどうしようもないCDやるときは…」とデモの正しい送り方を手引きした。

「これ、誰のだか、なんて呼ばれているのか、名前さえ書いてないじゃないか。電話番号も、なんにもない。曲のタイトルもないじゃないか。なんにもだ(笑)。サイケデリックのアルバム・プロジェクトじゃない限り、これじゃあ、どこにもたどり着けないよ」

そして、そのファンにバンドの名前を尋ねると、「透明人間? なに、ザ・メモ? それがどれだけ皮肉なことか、わかってんのか? なにも書かれていないCDが、メモって奴によるものなのか! なんてこった」と返した。

この的確な指摘にオーディエンスは大笑い。デモを渡した本人も、自分のウッカリを笑うしかなかったことだろう。ただ、これがきっかけで“ザ・メモ”の名が知れ渡ったのは確かだ。一体何者なのか、彼らの音楽と共に紹介するメディアも現れた。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報