【ライブレポート】<LOVE in Action Meeting(LIVE)>「献血で笑顔に」

ツイート

6月11日(木)、若年層に献血を呼びかける<LOVE in Action Meeting(LIVE)>が日本武道館で開催された。

◆<LOVE in Action Meeting(LIVE)>画像

日本赤十字社によって2009年10月から始まった若者への献血推進事業「LOVE in Action プロジェクト」の一環として行われているイベントだが、今回はAqua Timez、Silent Siren、SCANDAL、May J.が出演、献血の大切さを訴えた。

イベントのトップを飾ったのはAqua Timezだ。ボーカルの太志が「明日なくなってしまうかもしれない命を助けられるなら、この命使ってください!最高!」と呼びかけ、「シンガロング」や「虹」など4曲を披露した。「僕の父親も献血をしたことがあり、今では父のことをとてもかっこいいと思うようになりました。献血をすることは誰かが褒めてくれるわけじゃないけど、本当にすばらしいことだと思います!みんな献血に行こう!」と献血の大事さを集まった観客に向けて訴えた。





続くSilent Sirenが赤と白を基調とした「LOVE in Action」のイメージカラーの衣装で登場すると、会場は割れんばかりの歓声で埋め尽くされた。新曲の「ハピマリ」や「ぐるぐるワンダーランド」などを披露するなか、曲の合間のMCトークではベースのあいにゃん(山内あいな)が「先日、この「LOVE in Aciton」をきっかけに献血に行きました。最初は少し怖いと思っていたけれど、献血ルームのスタッフや看護師さんが親切なだけでなく、献血ルームもきれいなカフェの様でイメージが変わりました!献血に向けて最初の一歩を踏み出すことは緊張すると思うけれど、終わった後にやってよかったと思うはずです。ここにいる人みんなが第一歩を踏み出して、愛の行動をしてほしいと思います」と、自身の献血の体験を観客に向けて真剣な眼で語りかけてくれた。




ここで、司会の小林麻耶が日本赤十字社の2015年4月に起きたネパール地震への救援活動などの国際的な取り組みを紹介すると、山本シュウが「今日みんながこのイベントに参加してくれたことが人助けにつながっています!できることをできる範囲であきらめない。誰が見てくれるかわからないけど、行動をしたあなたをあなた自身がほめてあげてください」とコメント、温かい拍手に包まれた。



次に登場したSCANDALは、大きな歓声が沸き起こる中で披露した「夜明けの流星群」で大合唱と手拍子を巻き起こし、会場がひとつになってうねりを見せる。曲の間のトークセッションでHARUNAは「この<LOVE in Action Meeting(LIVE)>に初めて出られてとても嬉しいです。今日歌った中で、このイベントと同じタイトルの「love in action」という曲があります。私たちが伝えたいことは、全部曲の中に入れました!」と笑顔で語り、会場は更に一体感を増した。




ライブの合間には、中学3年生の時に急性リンパ性白血病を発症し輸血によって命を救われたという大学2年生熊谷知香(くまがえともか)さんがステージに登場した。その経験から「先日、学生献血推進ボランティアに参加しました。献血バスの近くで献血協力の呼びかけをすると、友達が献血をしてくれました。今回ボランティアをすることで、“献血”というキーワードを多くの人の心に植えることができたと思います。これからもこの種まきを続けていきたいです」とコメント、現在は元気に大学へ通っているという熊谷さんに、会場からは多くの拍手と声援が送られた。


最後に登場したMay J.は、「‘シンセキ'のみなさん元気ですか?2年連続出演させていただき、ありがとうございます!」とコメント。本日のラストにふさわしい圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ歌声、そして前向きでポジティブなメッセージに、観客の中には涙を流す人も見受けられた。また、「司会の山本シュウさんと知り合い、献血の素晴らしさを知りました。今日は献血をしたことがある方も、そうでない方も献血の知識を得るきっかけになると思います」と観客1人1人の目を見るように訴え、最後に「献血をすることは、見えない誰かを幸せにすることだけではなく、その周りの人も笑顔にする素晴らしいことだと思います。今日来てくれたみなさんの献血というアクションで、周りの人をもっと笑顔にしてほしいです」と献血への真摯な想いを語り、観客もその言葉にじっと耳を傾けていた。




豪華なメンバーが続々登場したステージに歓声と拍手が送られ、大盛況のままイベントは幕を閉じた。

<LOVE in Action Meeting(LIVE)>

2015年6月11日(木)@日本武道館
出演:Aqua Timez、Silent Siren、SCANDAL、May J.(五十音順)
司会:山本シュウ(「LOVE in Actionプロジェクト」リーダー)、小林麻耶
Aqua Timez
1.シンガロング
2.MASK
3.STAY GOLD
4.虹

Silent Siren
1.ビーサン
2.ラッキーガール
3.ハピマリ
4.ぐるぐるワンダーランド

SCANDAL
1.love in action
2.EVERYBODY SAY YEAH!
3.夜明けの流星群
4.Your song
5.Image

May J.
1.Garden
2.Be mine~君が好きだよ~
3.So Beautiful
4.風になりたい~Beautiful Days
5.Let It Go-English ver.-

■6月14日「世界献血者デー」とは?

「世界献血者デー」は、血液という「いのちを救う贈り物」をくれる献血者の皆様に感謝し、血液製剤を必要とする患者様のために献血が欠かせないことを知ってもらう日。2015年のテーマは、“ありがとう、いのちを救ってくれて”。毎日、献血を通じていのちを救ってくれている献血者に感謝するとともに、より多くの世界中の人々へ「自発的で定期的な献血」にご協力頂けるよう呼びかけるものです。世界保健機関は、現在国内の血液製剤を献血でまかなえている国は62カ国にとどまっているが、2020年までにすべての国で献血によって血液製剤をまかなうという目標を掲げています。
※第1回「世界献血者デー」は国際献血者デー(1995年)・世界保健デー(2000年)を開催した経験に基づいて、2004年6月14日に開催されました。2005年には、世界保健総会決議(WHA58.13)において毎年1度のイベントとして承認され、またこの決議は血液の安全にかかわる国際機関や団体に対して、「世界献血者デー」の推進や支援を協働して行うように要請しています。
※6月14日は、ABO式血液型を発見しノーベル賞を受賞した、カール・ラントスタイナーの誕生日という特別な意味があります。
この記事をツイート

この記事の関連情報