カントリー・ガールズ 島村嬉唄の活動が終了。家族側との間に隔たり

twitterツイート

カントリー・ガールズ島村嬉唄と所属事務所アップフロントプロモーションとの契約の途中解約が発表された。

オフィシャルサイトでの発表によると、島村の家族と所属事務所との間で、カントリー・ガールズというアイドルグループとして活動を行っていく上での考え方に関して、埋めることができない隔たりがあったことが明らかになったという。そして、家族側からの活動辞退の申し入れがあり、途中解約に至ったとのこと。

なお、スーパーバイザーの里田まいを除いて5人となったカントリー・ガールズのメンバーは、この現実を受けとめ、これまで以上に頑張っていこうという思いを強くしているという。

カントリー娘。が母体となったカントリー・ガールズは、2014年11月に結成。2015年3月には「愛おしくってごめんね/恋泥棒」でCDデビューも果たした。


twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報