【ライブレポート】MONOBRIGHT、瀧谷ラストツアー地元公演で「悔いなく終われるように」

ツイート

MONOBRIGHTが2015年6月8日、札幌sound lab moleにて<MONOBRIGHT TOUR2015「旅立ちと瀧谷」>の初日公演を開催した。同ツアーは脱退を発表しているドラマー瀧谷翼のラストツアーであり、札幌はMONOBRIGHTの地元である。そのライブの模様をお届けしたい。

◆MONOBRIGHT 画像

2015年6月8日、ちょうど19時。「10分押しでの開演」という連絡が楽屋のメンバーに届けられた頃、“タッキー”こと瀧谷翼(Dr)に、このツアーへの意気込みを聞いた。

「ラスト3本なので、悔いなく終われるように……やるだけです」──瀧谷

そのコメントを聞いていた出口博之(B)は、プロレスラー橋本真也のモノマネで「時は来た!」と呟き、メンバーの笑いを誘う。それに応えるように、桃野陽介(Vo&G)が口を開く。「まぁ、“いつも通り”っていうことですよ(笑)。でもタッキーって、ある意味でパンクですよね。多少のことじゃ変わらない。常に一貫した姿勢を貫いていて、何ごとにも動じない」(桃野)。すぐさま松下省伍(G)は、「いや、“動じない”んじゃなくて、あんまり感じてない(爆笑)」とツッコミを入れる。このように、本番直前の楽屋には感傷的な空気は一切なく、笑いに包まれたリラックスしたムードで開演を待っていた。しかし、そこに確実にあったものは、これまでのどのツアーとも違う、4人にとって大切な、そして特別なツアーだという全員の想いだった。

4月28日、突然発表された、オリジナル・メンバーのひとりである瀧谷のMONOBRIGHT脱退。同時に、現体制でのラスト・ライブとなる<MONOBRIGHT TOUR 2015「旅立ちと瀧谷」>が告知された。そのツアーに臨む4人の気持ちが知りたくて、そして、4人が地元・札幌で行う最後のライブを体感したくて、ツアー初日、会場である札幌sound lab moleへと足を運んだ。

▲桃野陽介(Vo&G)画像4点

このライブハウスは、2007年に彼らがmonobright(当時は小文字表記)として最初にワンマン・ライブを行った場所。その直後に4人は上京し、デビューを果たしたという想い出の地だ。19時10分、フロアが暗くなると、SE(出囃子)のない無音の状態で、メンバーがステージに姿を現す。大歓声の中、瀧谷がステージ前方で客席に向かって深々と頭を下げ、ドラムセットの定位置につくと、おもむろに桃野が、「孤独な太陽」のサビを弾き語りで歌い始めた。

《あなたと私の数奇な運命は…》

このタイミングで歌われるこの歌詞は、これまで以上に深く心に響いてくる。ところが。

《…それでも泳ぎ出す/この人、大丈夫ですか……》

▲松下省伍(G)画像2点

桃野の歌はこう続き、それまで静かに聴き入っていた観客から、思わず笑い声がこぼれてくる。そう、しんみりとした弾き語りのフリをしながら、最後に能天気な曲のタイトルを挟み込んできたのだ。まるで「しみったれてんじゃねぇぞ!」と言わんばかりに、スカ・ビートが効いた「この人、大丈夫ですか」でライブの幕が上がると、そこには、いつもと同じMONOBRIGHTがいた。「ただいま札幌!」といったシャウトに続いて「あの透明感と少年」のギター・リフがかき鳴らされ、「トライアングリー」では、ハンドマイクの桃野が観客を煽っていく。

▲出口博之(B)画像2点

そして、きっと8年前もそう叫んでいたであろう、「おはようございます! MONOBRIGHTです!」というお決まりのセリフが、最初のMCの合図だ。「今回のツアーで、タッキーはMONOBRIGHTを脱退します。とは言え、僕らはいつもの調子で、みなさんに大きな“トラウマ”を残していきながら(笑)、なおかつ、タッキーのいいところも見せたいと思います!」──桃野

すぐさま、「札幌で培った旨味を凝縮した曲」(桃野)として、「紅色ver.2」など、札幌時代に生み出した曲を“懐かしのコーナー”と銘打ち、披露していく。その後は、今回のツアーの目玉とも言うべき“瀧谷翼リクエスト・パラダイス”へ。つまり、瀧谷が好きなMONOBRIGHTの楽曲を演奏しようというコーナーだ。

ここでは、瀧谷自身もマイクを手に取り、1曲ごとにコメントしていくのだが、

「「目下の少年」(シングル「WARP」カップリング)は、僕が一番推してきた曲です」──瀧谷
「でも、“少年”をテーマにしたツアーの時でさえ演奏しなかったから、曲を思い出すのに7年かかった(笑)。皆さん、新曲のつもりで聴いてください」──桃野

「「The2」(アルバム『monobright two』収録)は、メロが明るいので、気持ちの高まりを求めて選びました」──瀧谷
「メロが明るい曲は他にもあるし、先に皆さんに言っておきますが、きっと“高まり”とは一致しません」──桃野

など、瀧谷と桃野の絶妙なやり取りで、観客を笑わせながら、瀧谷ならではのセンスで選び抜かれた曲たちが演奏されていく。

「僕らの「旅立ちと少年」っていう曲は、前に進んでいこうとする時に、留まっていてはいけない場所だとか、置いていかないといけない気持ちとかを歌った曲。そういった気持ちとかけて、今回のツアー・タイトルを決めました。タッキーも、僕らも新しいことをやっていくんだ、と。そんな“新しいこと”にピッタリな古い曲(笑)をやってもいいですか!? 瀧谷と一緒にJOYっちゃってもいいか、札幌!」──桃野

桃野のシャウトで、ステージもフロアも一気にテンションを高めると、ライブ後半戦は、「JOY JOYエクスペリエンス」を筆頭に、桃野曰く「ド盛り上がり曲」を連発。桃野、松下、出口、そして瀧谷という4人だからこそ生まれるグルーヴで観客を揺らし、そのビートに会場は酔いしれる。この快感を、絶対に逃すまいと。しかし、楽しい時間はあっという間に過ぎていく。とうとう、最後の曲を迎えた時、桃野は、「本当は……まあいいか、この話は」と、一度は話をやめようとしながらも、最後に語った。

「脱退ってなったらさ、やっぱり険悪な雰囲気になるじゃん。それに、脱退が決まってる状態で、ライブをやるのはどうだろうか?っていう気持ちもあるわけで。でも、そこから4人がライブに向けて一丸となれたのは、オリジナル・メンバーの4人で、皆さんに挨拶がしたいと思ったんです。その気持ちに応えてくれて、ありがとうございます。いつもは、観客の皆さんに曲を届けるためにライブをやっていますけど、今日は、僕ら自身やスタッフも含めて、moleにいる人全員に捧げます」──桃野

こうして「旅立と少年2」を熱演し終えると、本編が終了した。

   ◆   ◆   ◆

▲瀧谷翼(Dr)画像6点

本番前、桃野にバンドの現状を聞いたところ、彼と松下、出口の3人は、まだまだMONOBRGHTでやりたいことがあると言い、前作を完成させた後も引き続き、ずっと曲作りを続けているという。そのような中での、今回の瀧谷の脱退。

「あれだけ無口なヤツが、自分から“辞めたい”って言い出すんだから、それだけ覚悟を決めてのことだと思ったんです。だから、それから話し合いもしたけど、僕らも覚悟して。僕はメンバーの中で、タッキーとの付き合いが一番古いんですよ。前の前のバンドの時から、僕がやってきたバンドのドラムは、常にタッキーでしたから。

 ちょうど去年の終わり頃から、みんな個人活動をやって、そこで吸収したものをMONOBRIGHTに持ち帰ったら、どんな曲が生まれるんだろうっていうことを話していたんです。そろそろ、そういうことをやってもいい時期なんじゃないかって。それで、でーさん(出口)がDJをやったりする中で、タッキーのことがあって。だから、タッキーの脱退を受けて、個人活動を始めたわけじゃないんです。本当の順番は逆。ただね、このタイミングでいろんなことが重なって、これはきっと、そろそろ僕らも変化しなきゃいけないっていう時期なんだろうなと思ったんです。だから今は、すべてを前向きに受け止めています。

 ずっと変わらずに、この4人でやっていくことが、本当は僕の理想でした。変わらないバンドとして、(ザ・ローリング・)ストーンズや怒髪天さんが、僕の憧れでしたから。それで僕も、“この4人じゃなきゃダメなんだ”って、ずっと言い続けてきたんですよ。でもひょっとしたら、それで無理に付き合わせてしまったのかなっていう想いも、タッキーに対して持っています。ただ改めて考えたら、僕らにはデッカイ出入り(ヒダカトオル/現・日高央の加入&脱退)もあったわけで(笑)、今は、4人で続けること自体にこだわるよりも、MONOBRIGHTで音楽をやりたいのかどうか、その大前提を大事にしようと思っています。個人活動だって、MONOBRIGHTっていう母体があるからこそできることだし、やろうという気持ちになるわけで。ファンのみなさんには、複雑な想いをさせてしまうかもしれませんけど、僕らは前向きなので、これからのMONOBRIGHTと、これからのタッキーを見守ってもらえると、嬉しいですね」──桃野

一方の瀧谷も、当然ながら考えに考え抜いた末での、第二の人生スタートという決断だったようだ。

「スッキリと決められました。もちろん、そこにいくまでは長かったですけど。ただ、悩みながら一緒に続けていくのも、皆に悪いなと思いましたし……」──瀧谷

そして、3人の反応について質問すると、瀧谷は、「一度言い出したら聞かないっていう(自分の)性格を、みんな分かってくれていたんだと思います(笑)」と、いつものように笑った。

   ◆   ◆   ◆

▲MONOBRIGHT瀧谷翼(Vo.ver.)画像2点

そんな瀧谷が、アンコールではボーカルを務め、ギター出口、ベース松下、ドラム桃野といった変則編成で「ハイスクールキュンキュン」(Vo.瀧谷Version)を演奏。リハーサル時は、「タッキーのテンションが低すぎて、展開が読めない(笑)」と桃野がこぼしていたが、さすが本日の主役・瀧谷は、本番では独特なノリでコール&レスポンスを決めるなど、十分に“瀧谷らしい”パフォーマンスで観客を沸かせてくれた。しかも、普段とは違うパートを演奏する4人は、いつも以上にアイコンタクトを送り、ドラムの周りに集まって呼吸を合わせながら、“ロック・バンド”を心底楽しんでいる様子だった。

ダブル・アンコールでは、デビュー曲「未完成ライオット」の演奏でライブを締め括ると、瀧谷の“生声”による音頭で一本締めを行い、約110分間におよぶライブの幕を降ろした。涙腺が緩む瞬間は何度もあったが、そこに悲壮感はなく、あくまでも彼ららしい、ムダに熱くて、ものすごくハッピーなライブだった。そのステージを照らしていたライトが消えた瞬間、それは同時に、瀧谷とMONOBRIGHTの旅立ちの瞬間でもあった。

▲MONOBRIGHT機材 画像3点

「いつもだと、ツアーに向けていろいろと準備をして、本番で“ちょっと違うな”という部分を修正していくんですが、今日はそれがなくて、リハーサル通りにやれたうえに、ライブならではの面白さをプラスできたと思います」──出口

「今日は、よかったんじゃないですかね。僕らとして、お客さんに言わなきゃいけないことはきちんと伝えつつ、しみったれた感じにならない、そんなライブにできたんじゃないでしょうか」──松下

「しっかりと楽しめました。もし初日が、札幌じゃなくて、東京とか大阪だったら、もっと気負っていたかもしれない。札幌から始められて、いい意味で気持ちを緩められたという心地よさがありました。これまで、年々“いいライブをしなきゃ”って、気を張っていた部分があったんです。でも今日は、無理せずにできたっていうのかな。“疲れたら休め!”とかいつも歌ってるくせに、自分がそれを一番できてなかったというか(笑)。ようやく、そういったことが分かったような気がしました」──桃野

「楽しかったです。途中で、すごくグッとくるものもありましたけど……皆さんのおかげで、楽しい時間を過ごすことができました」──瀧谷

地元・札幌でツアー初日を終えたMONOBRIGHTは、続く大阪、そして東京でのライブを最後に、瀧谷は新たな人生を選び、桃野と松下、出口の3人は、MONOBRIGHTを続けて行くことを決めた。一度きりの人生で、覚悟を決めての再スタート。かつて少年だった未完成な4人の旅立ちにエールを送ると共に、バンドにとっての大きな転機をチャンスに変えるべく、新生MONOBRIGHTがこれから奏でる音楽に、心から期待したい。

文・撮影◎布施雄一郎

■<MONOBRIGHT TOUR2015「旅立ちと瀧谷」>
2015年6月8日@札幌sound lab moleセットリスト

M01.この人、大丈夫ですか
M02.あの透明感と少年
M03.トライアングリー
M04.紅色ver.2
M05.20th Century Lover’s Orchestra
M06.WARP
M07.アナタMAGIC
M08.目下の少年
M09.The2
M10.いとをかし
M11.雨にうたえば
M12.JOY JOYエクスペリエンス
M13.英雄ノヴァ
M14.踊る脳
M15.空中YOU WAY
M16.COME TOGETHER
M17.旅立と少年2
encore
E01.ハイスクールキュンキュン(Vo.瀧谷Version)
E02.未完成ライオット


◆MONOBRIGHT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス