Skoop On Somebody、20周年を前に「みんなの存在がホームグラウンド」

ツイート


6月24日に新たなミニアルバム『THE SOUND OF SUNRISE』をリリースするSkoop On Somebodyが、全国5都市Zeppツアーの最終公演を6月13日に福岡・Zepp Fukuokaにて開催した。オフィシャルから届いたレポートをお届けする。

◆Skoop On Somebody 画像

例年よりも早く夏が来たような蒸し暑い福岡。この日は開演時間17時を迎えると一斉に客席のライトがダウン。静かな夜更けを思わせる幻想的なBGMと共にブルーのライトに照らされ、KO-ICHIROがステージに登場。だんだんと朝を迎えるようにライトがきらめき始め、TAKEがオンステージし、BGMの余韻から一転、まばゆい朝陽と共に『This New Morning』のイントロがスタートした。


客席は総立ちとなり、Skoop On Somebodyの奏でる朝を迎え入れる。さわやかで、やさしくて、あたたかさを感じさせるアップテンポの楽曲に続き、Skoop On Somebodyを代表するラブバラードセクションへ。切ない歌詞すらも前向きに感じさせるパフォーマンスに、客席からは惜しみない拍手が贈られる。

シンガーソングライターの"磯貝サイモン"をサポートに迎えた本ツアーでは、Skoop On Somebodyと磯貝の三声が織り成すコーラスワークも聴きどころだ。一声ずつおり重なっていくメロディーに鳥肌が止まない。そしてアルバムに先駆けて配信リリースした「Beautiful Sound」がここで披露された。

TAKEは、「僕らにとっての"Beautiful Sound"は、こうして会場に来てくれる皆さんの笑顔と歓声、拍手の全て」だと語る。20周年を目前に控え、原点回帰をしながらも、「みんなの存在が自分たちのホームグラウンドです。戻ってこれるところがあるから挑戦をし続けられる。みんなと一緒に新しいドアを開いていきたい。」と、今あるだけの感謝を歌に込め、Skoop On Somebodyの真骨頂バラード「Key Of Love」を歌い上げる。



感動に包まれた会場は鳴り止まない拍手のなか暗転。怪しく輝く赤いライトの中でKO-ICHIROのピアノが低く響き渡り、「Everybody say, Yeahhhhhhhhh!!!」のTAKEのコールと共に、これぞ"Skoop On Somebodyのソウル"というアップでセクシーでグルーヴィーな楽曲が畳み掛けられた。

客席は熱気を帯び、それに答えるようにTAKEは声を張り上げ、KO-ICHIROはピアノを掻き鳴らす。"ソウル"が揺さぶられる、ライブでしか体感出来ない一瞬。これまで夜のイメージが先行していたSkoop On Somebodyが、20周年を目前にし、夜明けを迎えた。全てがポジティブに感じられた約2時間の公演だった。

セットリスト<Skoop On Somebody Live in Performance 2015 ~Beautiful Sound~>

1.This New Morning
2.a tomorrowsong
3.Sing a Song
4.All For Love ~愛こそすべて~
5.Still
6.椛 ~momiji~
7.Beautiful Sound
8.Hello Today
9.sha la la
10.時計
11.Key Of Love
12.ソウル・リヴァイヴァー
13.get away
14.How We Do It!!!
15.リル スマイル
16.ぼくが地球を救う ~Sounds Of Spirit~
ENCORE
17.LOVE?
18.バラ色~M.F.S.B

ミニアルバム『THE SOUND OF SUNRISE』

2015年6月24日発売
●初回生産限定盤<CD+DVD> ¥2,500(tax in) SECL-1711~1712
●通常盤<CD> ¥2,000(tax in) SECL-1713

「THE SOUND OF SUNRISE」リリースイベント
6月24日(水)19:00~@神奈川県・タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース
6月27日(土)14:00~@愛知県・イオンモール木曽川1Fノースコート
6月28日(日)13:00~@大阪府・あべのキューズモール 3Fスカイコート
【内容】ミニライブ+CDジャケットサイン会
【観覧】フリー

この記事をツイート

この記事の関連情報