ジンジャー・ベイカー、毒を吐く

twitterツイート

音楽業界屈指の気難しい男、ジンジャー・ベイカーが、最新インタビューでヘヴィ・メタルやレッド・ツェッペリンをこき下ろした。

◆ジンジャー・ベイカー画像

米『Forbes』誌のインタビューで、ヘヴィ・メタルについてどう思うか問われた彼は「嫌悪、猛烈に嫌っている」と話した。「スパンデックスのズボンを履き、異様なメイキャップをしてる連中、俺はものすごく不快に思っている。いつもそうだ。クリームがヘヴィ・メタル誕生の一端を担っているのはわかる。でもな、俺だったら間違いなく中絶していたよ(笑)。俺はヘヴィ・メタルが大っ嫌いだ」

「あいつらの多くが、俺のとこ来て“あなたに影響を受けた。あのドラムの激しい叩き方”って言うけど、あいつら、なんにもわかちゃいない。俺が激しくプレイしてたのは、自分の演奏を聴くためだ。怒りだったんだ。楽しみじゃない。苦痛だよ。(アンプの)ヴォリュームがでかかったせいで、俺はステージで苦しんでいたんだ」

また、レッド・ツェッペリンについて、ジミー・ペイジはいいプレイヤーだと思うが、「レッド・ツェッペリンが、クリームのいない空白を埋めたとは思わない。あいつら、大金稼いだけどな。俺があいつらのしてきたことで気に入ってるのは5%くらいだ。2つ3つ、ホントにクールなのがある。でもあのヘヴィなドタバタは好きじゃない」と話した。

「何年も前、ジョン(・ボーナム)が“ロックンロールには2人のドラマーがいる。ジンジャー・ベイカーと俺だ”って言ったが、ジョンが俺に匹敵したわけがない。彼はミュージシャンじゃない。俺が勉強したことを知らない奴らが多いんだ。俺は音楽を作れる。1960~1961年、俺はビッグ・バンドのパートを作っていた。ドラマーならドラムの楽譜を読めるように勉強しなきゃいけないって思ったんだ。俺は読んだらすぐ理解できる能力に長けていた。ビッグ・バンドの1人に2冊薦められ、同時に勉強したんだよ。1冊は基本的なハーモニーのルールについてで、もう1冊はそれをどうやってぶち壊すかって本だった(笑)」

そして、火の粉はポール・マッカートニーにまで…。「ヘヴィ・メタルの連中は楽譜が読めない。ポール・マッカートニーでさえ、彼のために書き出す人が必要だ。彼はそれがいいと思っている。彼が“もし楽譜の読み方を勉強してたら、同じように曲は書けなかったかもしれない”って話している記事があった。俺らは1963年、ビートルズについて“あいつらはハチェット(手斧)とクロチェット(四分音符)の区別もついてない”って言っていたもんだよ」

ジンジャー・ベイカーは、彼のドキュメンタリー『Beware Of Mr. Baker』が制作されたとき、インタビューを受けたミュージシャンから「サイテーな奴」「悪魔」などと評されていた。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報