武井咲主演ドラマ『エイジハラスメント』主題歌に新人・花岡なつみ抜擢。曲提供は鬼束ちひろ

twitterツイート

2014年8月に開催されたオスカープロモーション主催<第14回全日本国民的美少女コンテスト>音楽部門賞を受賞した花岡なつみが、7月9日スタートのテレビ朝日系木曜夜9時連続ドラマ『エイジハラスメント』(原作・脚本:内館牧子、主演:武井咲)の主題歌に大抜擢されることがわかった。しかもこの主題歌、鬼束ちひろ提供楽曲である。

花岡なつみは広島県出身。地元・広島の名門スクールでシンガーを目指して14歳からボーカルレッスンを積み、3月に高校を卒業して上京してきた18歳だ。<第14回全日本国民的美少女コンテスト>では、8万1031人がエントリーする中から、シンガーへの登竜門となる音楽部門賞を受賞した。ちなみにドラマで主演を演じる武井咲も同コンテスト出身である(第11回モデル部門賞およびマルチメディア賞を受賞)。

8月12日にリリースされる花岡なつみのデビューシングル「夏の罪」は、ドラマのために鬼束ちひろが書き下ろした新曲。鬼束が、自身では歌唱していない曲を提供するのは今回が初めてとなる。なお、花岡が鬼束提供楽曲を歌うことになったのは、花岡自身、以前より好きな曲として鬼束ちひろの「月光」を挙げており、<第14回全日本国民的美少女コンテスト>でも歌唱したことが関係者の目に留まったのがきっかけだという。

鬼束ちひろ(「夏の罪」作詞・作曲) コメント

なっちゃんの5曲入りのデモを聴いたとき、『月光』も歌ってくれてたけど、松任谷由実さんの『卒業写真』が私の胸にグサッとなり、ここまでの経緯に至りますね(笑)。平成にはなかなか、というか多分こういう歌える子は出てこないと思うゆめいよ。
(※ コメント語尾の「~ゆめいよ」は本人が敬愛するロバート・秋山のネタに登場する秋山森乃進へのオマージュ)

武井咲(『エイジハラスメント』主演) コメント

初めて聴いた時、花岡なつみさんの綺麗のなかに独特な力強さを感じられる歌声、耳に残るメロディで、とてもインパクトのある曲でした。今の時代に鋭く突き刺していくこのドラマに追い風を吹かせてくれる気がしています。気持ちいい一曲です!!

内山聖子(『エイジハラスメント』ゼネラルプロデューサー) コメント

鬼束ちひろさんの「月光」を聞いたとき、少女の孤高なリアルを感じました。社会の理不尽に力強く向かっていく歌声にドラマが彩られること楽しみです。

花岡なつみ コメント

■ デビューする感想
デビューするって聞いたときは素直に凄く嬉しくて、どんな歌を歌うんだろうと楽しみでした。それと同時に今のアーティストさん達と同じくらいの歌唱力があるわけではないので、これからもっともっとスキルをあげていかなきゃなと思いました。

■ デビューへの意気込み
私の歌で聴いてくださった方々が何か感じて頂けたら嬉しいなって思います。たくさんの人に花岡なつみを知っていただきたいです。私らしく精一杯頑張っていきたいと思います。

関連画像・リンク

◆BARKS Kawaii
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報