ダフト・パンク、素顔で映画にカメオ出演

twitterツイート

ダフト・パンクのトーマ・バンガルテルが、フランス映画『Reality』にカメオ出演した。マスクなしのレアな姿が見られる。

◆ダフト・パンク画像

映画は、エレクトロニック・ミュージシャンMr. Oizoことカンタン・デュピューが監督。彼は音楽活動のかたわら、2007年に初の長編映画『Steak』を監督し、2010年のコメディ・ホラー『Rubber』はカンヌ映画祭で上映された。

トーマは友人のためにひと肌脱いだようだ。彼は、患者バンガルテル・トーマ役でチラリと出演。8秒間、素顔をさらしている。

映画は2014年ヨーロッパで公開され、日本でも10月に東京国際映画祭で上映されていた。5月にアメリカで公開される。


Ako Suzuki

◆LINE MUSIC「Daft Punk 15songs」プレイリスト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報