ブラーのデーモン、グレアムに感謝

twitterツイート

ブラーが土曜日(6月20日)、ロンドンのハイド・パークで開かれた<British Summer Time Festival>のヘッドラインを飾り、5万人以上のファンを前にパフォーマンスした。

◆ブラー画像

ブラーがハイド・パークでプレイするのは、2009年、2012年に続き、これで3度目。公園の近くに住むフロントマンのデーモン・アルバーンは、「また僕らを観に来てくれて、ありがとう。ハイド・パークに戻ってこれて嬉しいよ。家みたいな気がしている。いや、実際、ホームだね」と話したそうだ。

また、デーモンはパフォーマンスの終盤で、バンド・メイトのグレアム・コクソンにも感謝する言葉をかけたという。「『The Magic Whip』を形にしてくれたグレアムに感謝したい。それに、バック・シンガー、アイスクリームのヴァン、そして君たちファンにありがとうって言いたい」

アートワークにアイスクリームをフィーチャーした新作『The Magic Whip』にちなみ、ステージにはアイスクリームを売るヴァンが登場し、デーモンが前列にいるオーディエンスにアイスクリームを配る場面もあったという。

Here comes the ice cream van BST Hyde Park. #BlurLive. See you later.

Posted by Blur on 2015年6月19日


ブラー、ハイド・パーク公演(6月20日)のセットリストは以下の通り。
「Go Out」
「There's No Other Way」
「Lonesome Street」
「Badhead」
「Coffee & TV」
「Out of Time」
「Beetlebum」
「Thought I Was a Spaceman」
「Trimm Trabb」
「He Thought of Cars」
「End of a Century」
「I Broadcast」
「Trouble in the Message Centre」
「Tender」
「Parklife」
「Ong Ong」
「Song 2」
「To the End」
「This Is a Low」
アンコール
「Stereotypes」
「Girls & Boys」
「For Tomorrow」
「The Universal」

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報