Alice Nine 将「もうおこがましいとは言ってられない」

ツイート

6月24日に発売されるロックミュージシャンのパーソナルロングインタビュー本『ROCK AND READ』の最新号(060号)で表紙巻頭を飾っているのは、8月に“Alice Nine”としての復帰ライブを行なう“A9”のボーカリスト、将だ。

◆将画像

AliceNineは2014年8月23日に富士急コニファーフォレストで行なわれた結成10周年記念の野外ライブを機に独立、以来、“A9”というコードネームのような呼び名で覆面的なMVを発表するも、表舞台らしい表舞台からは遠ざかっていたが、それからちょうど1年、来たる2015年8月23日の豊洲PITからスタートする11周年記念ツアー“Re:birth -飛翔-”をもって、Alice Nineとしての活動を再開することになった。ちなみに、それを発表したのは11年前に今の5人で初めてステージに立った5月19日だった。


この号では、その独立から活動再開までの秘話を、2万字ロングインタビューで掲載している。「(あたたかな環境に身を置いたまま)徐々に腐っていくより、(独立して)燃え尽きたい」「もうおこがましいとは言ってられない」など、結成10周年を超え、今後はシーンを率先して引っぱっていく存在になるべきと自覚する今の翔、そしてAlice Nineのたくましさがうかがえるインタビューになっている。また、結成当初のアリス九號.時代のイメージを現代版にアップデートしたという、和モダンテイストのグラビア写真も注目だ。

なお『ROCK AND READ 060』では、9月に活動休止することを発表したSadieの真緒、8月26日にメジャーデビューすることを発表したアンティック-珈琲店-のみくなど、結成10年以上のキャリアを誇るアーティストから、現在のヴィジュアル系シーンを担っている中堅アーティスト、最先端を走る新進気鋭アーティストまで、多彩なラインナップが登場。全12人がパーソナルロングインタビューと完全撮り下ろし写真で掲載されている。


『ROCK AND READ 060』

6月24日発売
税込み1296円(税抜き1200円)
[登場アーティスト]
将/A9
真緒/Sadie
みく/アンティック-珈琲店-
圭/BAROQUE
Tohya/vistlip
準々/DOG inTheパラレルワールドオーケストラ
一聖/BugLug
将吾/DIV
莎奈/ユナイト
公大/Royz
Daichi/NOCTURNAL BLOODLUST
千秋/DEZERT
この記事をツイート

この記事の関連情報