ニュー・オーダー、9月に新作をリリース

twitterツイート

ニュー・オーダーは、9月に10枚目のスタジオ・アルバム『Music Complete』をリリースすると発表した。2007年にバンドを脱退したピーター・フック抜きで作られた初のアルバムとなる。

◆ニュー・オーダー画像

前作『Lost Sirens』(2013年)は、『Waiting For The Sirens’ Call』(2005年)のレコーディング・セッションで制作したものを収録していたため、フックの脱退後リリースされたが、まだ彼の演奏を聴くことができた。

Music CompleteNew Album: 25.09.15Pre-Order Now: http://po.st/NewOrderWebsite#MusicComplete

Posted by New Order on 2015年6月22日


また『Music Complete』は、2011年バンドに復帰したジリアン・ギルバートが『Get Ready』(2001年)以来初めてレコーディングに参加したスタジオ・アルバムとなる。

バンドは月曜日(6月22日)、30秒と短いものながら新曲の音源が入ったニュー・アルバムの予告映像を公開した。バーナード・サムナーは以前、新作のサウンドについて「メロディックなギターとヘヴィなエレクトロニック・サウンド、それにオーケストラのフィーリングがある」と話していた。

『Music Complete』の収録曲は以下の通り。
「Restless」
「Singularity」
「Plastic」
「Tutti Frutti」
「People On The High Line」
「Stray Dog」
「Academic」
「Nothing But A Fool」
「Unlearn This Hatred」
「The Game」
「Superheated」

「Singularity」「Unlearn This Hatred」はトム・ローランズが、ほかは全てニュー・オーダーがプロデュースしたという。『Music Complete』は9月25日にリリースされる。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報