ジャーヴィス・コッカー、フローレンスにアドバイス

twitterツイート

パルプのジャーヴィス・コッカーが、フー・ファイターズの代わりに急きょ、グラストンベリー・フェスティヴァルでヘッドライナーを務めることになったフローレンス&ザ・マシーンへアドバイスを送った。

◆フローレンス&ザ・マシーン画像

パルプも1995年、ストーン・ローゼズがジョン・スクワイアのバイク事故により間際で出演をキャンセルした際、ヘッドライナーの代理を引き受けている。

同フェスティヴァルのフリーペーパーは、コッカーにフローレンスへのアドバイスを依頼。彼がフローレンス宛てに綴ったオープンレターを掲載した。「早めに着くこと…。周辺のホテルは何ヶ月も前からいっぱいになってて、僕らは敷地内にキャンプしなくてはならなかった…。その間、僕らはグラストンベリーの雰囲気をつかむことができた。同じことをするよう勧めるよ…」

「頑丈な椅子を見つけること…。僕はあれだけ大勢の人たちの前でパフォーマンスすることに緊張した。君もそうだと思う。そのとき、椅子が役に立つ。自分たちの出番が迫ってきたとき、僕は、自分は間違いなく事故かなんかに遭い、ステージに立てなくなるって確信するようになった。それで、怪我する可能性を最小限に抑えようと、椅子に座っていることにした。バックステージにあるのは、プラスチックの白いガーデン・チェアだけだ。どんなときでもグラグラしてるやつだよ。だから、しっかりした椅子を持ってくるように…」

「足を折らないで(コーチェラで骨折しただろ。だから確率はどれくらいだ?)。そして、どうか素晴らしいショウを」

フローレンス&ザ・マシーンは金曜日(6月26日)、グラストンベリー・フェスティヴァル初日にプレイする。

デイヴ・グロールが足を骨折し、出演をキャンセルしたフー・ファイターズは、すでに2016年のヘッドライナーに決まったと噂されている。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報