Thinking Dogs、デビュー記念ライブで「イナズマ呼んじゃったかな」

ツイート

Thinking Dogによるデビューシングル「世界は終わらない」のリリースイベントが6月28日にラゾーナ川崎 ルーファ広場グランドステージにて行われた。

◆Thinking Dogs 画像


デビュー作から表題曲がドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』主題歌、そしてc/w曲「あと100マイル」がロッテガムCM曲に抜擢とロケットスタートを決めているThinking Dogs。ライブ前には、この日完成したばかりという「あと100マイル」のミュージックビデオがラゾーナのスクリーンで初公開。蜷川実花が監督を務めた色彩鮮やかなMVにメンバー4人が登場し、現地のファンが食い入るようにそれを見つめるシーンも見られた。

その後ステージに勢いよく飛び出したメンバーは、MVで上映されたばかりの「あと100マイル」を力強く演奏。“ガムを噛んでいるバンド”のCMでも披露している“ガムロック”ポーズも欠かせない。続いてデビュー曲「世界は終わらない」では曲に合わせてバンドメンバーと観客がジャンプし、共に盛り上がった。


ボーカルTSUBASAは「改めましてThinking Dogsです! 今日はよろしくお願いします!」とMCで挨拶。デビューまで謎に包まれていた彼らのキャラクターだが、自己紹介ではそれぞれがフレンドリーに名乗りをあげていた。

また、TSUBASAはバンドが<イナズマロック フェス>連動型オーディションの出身であることにもふれ、この日の曇り天気を見ながら「“イナズマ呼んじゃったかな”みたいな話もちらほらあったんですけどね」とコメント。後半にはデビューシングルに収録されている「悲しみ以上」を演奏した後、最後に「あと100マイル」をもう一度披露し、会場周辺を夏の雰囲気に変えてラゾーナ全体の客にアピールした。


イベントを終えたメンバーは、囲み取材で「たくさんの人が集まってくれたことが嬉しいです。天候もどうなることかと思ったんですけど悪くならずによかった」とほっとした様子を見せた。さらにデビューの流れについては「驚きの連続で信じられないくらいなんですけど、ようやく最近実感がわいてきました」と語り、今後に関しては「これからもっと成長して、アリーナ、ドームクラスでガンガン勝負できるようなアーティストになりたい」と今後の展望をのぞかせた。


デビューシングル「世界は終わらない」

2015年6月24日発売
初回限定盤[CD+DVD](SRCL-8847~8848)\1,620(税込)\1,500(税抜)
通常盤[CDのみ](SRCL-8849)\1,080(税込)\1,000(税抜)

<CD収録内容>
M1. 世界は終わらない
M2. あと100 マイル
M3. 悲しみ以上
M4.世界は終わらない -instrumental-
M5. あと100 マイル -instrumental-
M6. 悲しみ以上 -instrumental-

<DVD収録内容>
1.世界は終わらない MUSIC VIDEO
2.世界は終わらない MUSIC VIDEO-Rock Ver.-
3.Making of 世界は終わらない MUSIC VIDEO

★『世界は終わらない』配信中
<レコチョク>
http://recochoku.com/s0/sekai/
<iTunes Store>
https://itunes.apple.com/jp/album/shi-jieha-zhongwaranai-single/id1003185117
<mora>
http://mora.jp/package/43000001/4988009112855/

◆Thinking Dogs オフィシャルサイト
◆ロッテガム オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報