【ライブレポート】木村竜蔵、急遽4人コラボでの楽曲披露に「楽しくてしょうがないです」

ツイート


木村竜蔵が、6月29日に渋谷LOOP Annexにて1stフルアルバム『碧の時代』のリリースパーティーを開催。豪華ゲスト陣らとのスペシャルライブを披露した。

◆木村竜蔵、『碧の時代』 リリース記念イベント 画像

6月3日に発売されたアルバム『碧の時代』から「落蕾~ラクライ~」がTBS系『ひるおび!』6月度エンディングテーマに抜擢されるなど、着実な歩みを続けている木村。今回のリリースパーティーでは『碧の時代』に参加したプロデューサーの中から奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、木暮晋也(ヒックスヴィル)、AZUMA HITOMIと3名のミュージシャンをゲストに招いた。


観客が待ち構える中、木村竜蔵はアコースティックギターを携え単身ステージに登場。アルバム収録曲の中でも爽やかな疾走感のある「新しい風」からライブへ突入する。アルバム『青の時代』には木村が日本各地を訪れた際の空気感を織り込んだ“紀行ソング”が7曲収録されており、続く「迎えにゆくよ」でも三重県 鳥羽市をテーマに80年代を思い出させるミディアムバラードが繰り広げられた。

この日1人目のゲストとして木村竜蔵のステージに現れたのはAZUMA HITOMI。MCでは彼女がサウンドプロデュースした楽曲「紡ぐ」のレコーディングにまつわるエピソードも語られた。元々テクノジャンルで活動しているAZUMAに対し、木村はレコーディング時「めちゃめちゃテクノで来るかと思っていた」と予想していたものの、実際には精鋭ミュージシャンを集めてのバンドアレンジ進行になったとのこと。「四つ打ちでやりますか?」とノリノリなAZUMAを制し、この日はエレピとアコギの演奏で「紡ぐ」を披露。味わい豊かな木村のボーカルとあいまった優しい音色に会場を埋める観客もじっと聞き入っていた。


「えー、今日は一人ずつ順番にコラボを予定しておりましたが、急遽残っていただくことになりまして、AZUMAさんにはこのまま残って演奏していただきます」と、ここで木村によるアナウンスが流れる。ステージ上にAZUMA HITOMIを残したまま2人目のゲストである木暮晋也が登場すると、今度は彼がプロデュースした「涙の花」を3人体制で披露。木暮のエレキギターが入ったことで一気に楽曲にもバンド感が生まれ、賑やかになってきた。

さらに、木暮も会場に残ったまま、木村竜蔵いわく“ラスボス”の奥野真哉が登場しての4人体制がステージ上にできあがる。観客の間にも期待感が高まるなか、奥野は「ただならぬ緊張をしています。布袋さんの時より(※注:奥野は布袋寅泰のバックバンドにも参加している)。竜蔵君デカく見えるもん」と放言し、「距離的な意味ですね」とフォローをいれる木村とのやりとりで会場を笑いで包む。

4人体制の突発バンドで披露されたのは奥野プロデュースの「太陽の戯れ」。ビンテージのアナログシンセサイザーを駆使した強烈な80'sサマーチューンに会場も酔いしれた。木村は“トロピカル”と形容していたが、「太陽の戯れ」は80年代バブル期の都会の夕暮れを彷彿とさせる、熱気のこもった曲だ。機材へのこだわりも本格的な80'sテイストを可能にした一因だろう。2015年に完全新作でこのテイストが聴けることに頭がさがる思いがする。


個性豊かなミュージシャンたちとのセッションに、木村は「いつも一人で弾き語りしているので、僕は楽しくてしょうがないです」と充実した笑顔を見せる。ライブはそのまま4人体制で本編ラスト「落蕾~ラクライ~」へ。汗だくで熱唱する木村竜蔵の姿に、客席からは感動の拍手が贈られた。

最後はアンコールにも応じ、ウェディングソングとして書き上げた「約束の鐘」をふたたび弾き語りで披露してライブを締めくくった木村竜蔵。この日は新たな発表として7月29日にYokohama O-SITEで開催される<ヨコハマ・バラッド>に出演することが明らかになった。木村竜蔵はそのほか、7月5日に横浜ノースポート・モール<『うたなび!』ライブ「サウンドポート」>、20日にはたまプラーザテラス<たまビア★RadioNight>への出演も決定している。

セットリスト<light a music ~木村竜蔵 1st フルアルバム『碧の時代』 リリース記念イベント~>

2015年6月29日(月)渋谷LOOP Annex
出演:木村竜蔵(ゲスト 奥野真哉、木暮晋也、AZUMA HITOMI)、木暮晋也、あざらし
オープニングアクト:Yuya Takahashi

<木村竜蔵 セットリスト>
01.新しい風
02.迎えにゆくよ
03.紡ぐ with AZUMA HITOMI
04.涙の花 with 木暮晋也、AZUMA HITOMI
05.太陽の戯れ with 奥野真哉、木暮晋也、AZUMA HITOMI
06.落蕾~ラクライ~ with 奥野真哉、木暮晋也、AZUMA HITOMI
En.約束の鐘

1st Album『碧の時代』

2015年6月3日(水)発売
CRCP-40413/¥2,778+税
1.アクアリウム
2.落蕾~ラクライ~
3.約束の鐘
4.迎えにゆくよ
5.涙の花
6.太陽の戯れ
7.夏の夢、君は幻
8.うたかた
9.海の淵
10.君に出会える街
11.新しい風
12.紡ぐ(Album Mix)

タイアップ情報

「落蕾~ラクライ~」:TBS系テレビ『ひるおび!』6月度エンディングテーマ
「紡ぐ」:群馬テレビ『ニュースeye8』エンディングテーマ
「太陽の戯れ」:千葉テレビ『シャキット!』6月エンディングテーマ
「迎えにゆくよ」:FM 三重『RADICAL TUNES』6月度エンディングテーマ

木村竜蔵 ライブ・イベント出演スケジュール

<『うたなび!』ライブ「サウンドポート」>
7月5日(日) ノースポート・モール 2F センターコート
出演:15時~
※観覧無料、公開録画イベント
ライブ終了後、CD 即売及び購入者対象でサイン&握手会

<たまビア★RadioNight(たまビア レディオナイト)>
7月20日(月・祝) たまプラーザテラス ゲートプラザ3F
テラスダイニング たまビア特設会場
出演:20時15分~予定
※観覧無料、雨天時は場所を変更して実施。荒天時は中止。

<ヨコハマ・バラッド>
7月29日(水) Yokohama O-SITE(ヨコハマ・オー・サイト)
出演:木村竜蔵 / しげる(THE NEUTRAL)/ 真田暎人/ 大野瞬
チケット料金:前売¥3,000 / 当日¥3,500(drink 別)

この記事をツイート

この記事の関連情報