サカナクション、佐藤健・神木隆之介主演映画『バクマン。』主題歌&映画音楽を担当

twitterツイート


10月3日全国ロードショーの映画『バクマン。』(主演 佐藤健・神木隆之介)。この作品の主題歌および映画音楽をサカナクションが担当することが明らかになった。

主題歌となる「新宝島」は、力強いアッパーなロックチューン。2014年10月にリリースした「さよならはエモーション/蓮の花」以来の新曲となり、ベース・草刈愛美の妊娠・出産後、バンドとして再始動となる作品だ。楽曲は『週刊少年ジャンプ』の頂点を目指すふたりの高校生漫画家を描いた映画『バクマン。』からインスパイアされ、「線を描く」がテーマだ。<丁寧に描くよ>と歌う歌詞は、音楽家として“モノを作る苦しみ”に深く共鳴したがゆえに生まれたという。

また、曲名は、手塚治虫が1947年に発表した同名の漫画から。普段、漫画をほとんど読まない山口一郎が『バクマン。』音楽を担当するにあたり、様々な漫画を研究。漫画の古典として読んだ手塚治虫作品に非常に感銘を受け、この楽曲でバンドとしても新しい地平を目指したいという思いからつけられたそうだ。

なお、完成度を高めることに集中した結果、歌詞を書き上げるのに6か月以上の時間を費やしたという作品でもある。

そして今回、大根仁監督の「音楽と映画が密接に結び付いた、今まで見たことのないような新しいジャンルの音楽映画が作りたい」という思いから、主題歌・劇伴ともにサカナクションにオファーされることに。映画音楽全般をサカナクションが担当するのは本作が初めてとなる。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報