サカナクション、アルバム『懐かしい月は新しい月 ~Coupling & Remix works~』詳細発表

twitterツイート

サカナクションが8月5日にリリースするアルバム『懐かしい月は新しい月 ~Coupling & Remix works~』の詳細が発表となった。

過去にリリースされた10枚のシングル作品に収録されているカップリング曲をコンパイルし、シングル曲とは異なる独創的な佇まいを見せるサカナクションのシングルカップリング音源集「月の波形 ~Coupling & Unreleased works~」。個性の強いカップリング曲群ながら、通して聴くことでサカナクションのもうひとつの世界を堪能でき、さらにタイトルの“月”なる所以が随所に感じられるコンセプチュアルなアルバムとなっている。

またメンバーによるセルフリミックス「ナイトフィッシングイズグッド(Iw_Remix)」、「ミュージック(Ej_Remix)」、「アイデンティティ(Ks_Remix)」を収録。さらに2006年、正式音源リリース以前に山口一郎と岩寺基晴のふたりで弾き語りデモとしてライブハウスで録音された貴重な音源「GO TO THE FUTURE(2006 ver.)」を収録する。

一方、変容という名の通り、リミキサー独自の解釈でクラブミュージック、エレクトロニカのアプローチを経て新たに生み出されたリミックス楽曲集が「月の変容 ~Remix works~」。こちらには、2015年1月3日にオンエアされたNHKスペシャル『NEXT WORLD 私たちの未来』でパフォーマンスされ、この番組のために特別にリミックスされた「グッドバイ(NEXT WORLD REMIX)」を初収録。さらに、牛尾憲輔によるソロユニット“agraph”により、荘厳かつメランコリックで美しい電子音楽に生まれ変わった「夜の踊り子(agraph Remix)」。世界中から熱視線を受ける札幌発の女性新鋭トラックメイカー“Qrion”による「さよならはエモーション(Qrion Remix)」はエレクトロニックでありながら繊細なタッチでオリジナルの持つ歌の強さを表現したリミックスという、注目ミュージシャンによるリミックス2作品を新録する。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon