駄々っ子デーモン・アルバーン、強制退場

twitterツイート

土曜日(7月4日)、デンマークの<Roskilde Festival>にアフリカ・エクスプレスと出演したデーモン・アルバーンが、朝の4時まで5時間に渡りパフォーマンスし、さらに続けようとしたため、強制的にステージから降ろされた。

◆デーモン・アルバーン画像

デーモンはオーディエンスのリクエストを受け、その場の状況に相応しい、ザ・クラッシュの「Should I Stay Or Should I Go」をプレイした後、まだやる気を見せたため、2人のスタッフが登場し止めるよう説得。デーモンは、「彼はアフリカ・エスプレスと長いこと仕事してる。でも、もうこれ以上はダメだってさ。ちきしょう! 誰が何と言おうと、君ら、もっとやって欲しいだろ。俺ら、もっとやるぜ!」と抵抗してみたが、スタッフに担がれ、連れ去られてしまった。その姿はほとんど駄々っ子状態だった。

この夜のパフォーマンスには、ブラーのバンド・メイト、グレアム・コクソンやUKの女性シンガー、ローラ・マヴーラもゲスト参加。アフリカン・ミュージックだけでなく、GORILLAZの曲もプレイしたという。

グレアムはその後、「ギター持って行ったら、マラカスと帰ってきた!」とツィートしている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報