モーニング娘。'15、8月19日リリースの新曲タイトルを公開

twitterツイート

モーニング娘。'15の新曲タイトルなどが、7月8日公開の『ハロ!ステ』にて明らかになった。

冒頭にはJuice=Juice『First Squeeze!』に収録されている新曲「続いていくSTORY」のミュージックビデオも公開された今回の番組。中盤にはモーニング娘。'15から、8月19日にリリースとなる59枚目のシングルに関するコメントがオンエアされた。


シングルのタイトルは、「スカッとMy Heart / Oh my wish! / 今すぐ飛び込む勇気(曲順未定)」。なお、これら楽曲は、7月11日から始まる<Hello! Project 2015 SUMMER ~DISCOVERY~ / ~CHALLENGER~>にてライブ初披露される。

さらに番組では「スカッとMy Heart」が、ミュージックビデオ撮影現場と思われるスタジオの様子とともに初公開。シングルでいうと「ザ☆ピース!」以来となるマリンルックの新衣装で、メンバーそれぞれがスカッとするものを演じている(なお、公開された映像は「スカッとMy Heart」のミュージックビデオではなく、番組のためだけに撮影されたもの)。




なお、メンバーによる新曲の聴きどころなどは以下のとおりとなる。

「Oh my wish!」

(作詞:つんく 作曲:つんく 編曲:大久保薫)
鈴木香音
「この曲は歌チームとダンスチームに分かれていて、譜久村聖ちゃん、鞘師里保ちゃん、生田衣梨奈ちゃん、石田亜佑美ちゃんがダンスチームで、それ以外のメンバーが歌チームという今までにない編成になっています。私は歌チームなのですが、歌い出しやサビ前の長いパートをいただけたので嬉しかったです。シングルの中で私のソロパートがあるのは本当に珍しいことで(笑)、自分の声がCDから聴こえる感動をやっと味わうことができました! 自分のパートを歌っていると、改めてもっとメッセージを届けられるようにならなきゃと思います。ダンスチーム4人のパフォーマンスもカッコイイので、そこにも注目してほしいです」

羽賀朱音
「私は歌チームというか、セリフチーム(!?)ですね(笑)。なんと私と尾形春水ちゃんのセリフパートがあるんです! そのセリフは先輩に対してのメッセージで、ちょっと悩んでいて心が苦しい感じを表現できるように心がけました。セリフパートは後から追加されたんですが、そのことを私たち2人以外は知らなかったので、完成を聴いた時に他のメンバーがどういう反応をするかワクワクしてました(笑)」

「スカッとMy Heart」

(作詞:つんく 作曲:つんく 編曲:鈴木俊介)
譜久村聖
「つんく♂さんっぽいディスコソングで歌っていて楽しいし、リズムも新曲を覚えなきゃという感覚ではなく、自然に入ってきました。私たちモーニング娘。'15は、自分に自信のない子たちが多いのですが、そういう部分も歌詞に含まれていて、自信はないけど決意や熱意では負けない人の姿が描かれていると思います。サビの“ほら ほめて ほめてよ”のところは、“世間のみなさん、もっと今のモーニング娘。'15をほめてや!”という、つんく♂さんからのメッセージだったらいいなと思いました」

尾形春水
「衣装がマリン系の青と白で、モーニング娘。のMMのロゴや錨(いかり)のマークが入っていてすごくかわいいし、帽子をかぶってるメンバーも4人いるので、早くみなさんに見てほしいです。私は青色が好きだから、すごく嬉しいです! 夏らしくおなかが出てる衣装なので、この夏も太れないですね(笑)。私たち12期メンバーにとって最初のツアーである春ツアーを経て、初めてのレコーディングだったのですが、前より声量がアップしたとほめられたので嬉しかったです」

「今すぐ飛び込む勇気」

(作詞:児玉雨子/三浦徳子 作曲:泰誠 編曲:浜田ピエール裕介)
佐藤優樹
「詞を読んで号泣しました。今回、59枚目のシングルだから号泣(59)するような歌詞になったんだと思ってます。詞を読んで泣くことはあまりないんですが、すごく今のモーニング娘。'15や自分に当てはまる歌詞で、レコーディングも感情を入れやすかったので、スムーズにできました。きっと聴いてくださる方にもどこか重なるところがあると思います。この曲は私と野中美希ちゃんがメインで、一緒に頑張ろうと話しています。この組み合わせでメインになることは最初で最後かもしれないので、今この瞬間を楽しみたいです」

野中美希
「とてもさわやかで可憐なイメージの曲で、メロディもとても気に入っています。私と佐藤優樹さんがメインの曲になっていて、私にとっては2枚目のシングルなのにこうして前に出させてもらえることはすごく嬉しいです。曲の途中で佐藤さんと目を合わす時はまだ少し緊張しますが、佐藤さんに迷惑をかけないようにダンスも歌も頑張っていきたいと思います。せっかくのチャンスなので、この曲が自分らしさを出していくきっかけになったと後から思えるようにしたいです」

関連画像・リンク

◆BARKS Kawaii
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス