ジミー・ペイジ、結局ロビー・ウィリアムスとの隣人バトルに敗れる

twitterツイート

隣人ジミー・ペイジとロビー・ウィリアムスが、ウィリアムスの家の改装工事をめぐり争っていた事柄に市が最終判断を下した。

◆ジミー・ペイジ画像

このバトルは2015年1月にスタート。ペイジ家の隣に引っ越してきたウィリアムスは、1876年に建てられた邸宅を家族が生活するのに相応しい現代的なものに改築したいと、間取りや庭、屋内プール、屋根のリフォーム、スタジオ建築計画を役所に申請したが、ペイジは、その工事の振動により自分の家の構造が損傷したり、リフォーム後プライバシーが侵害される恐れがあると抗議した。また、ウィリアムスの家は文化財に指定されているため建物の外観は保存されるべきだと訴えていた。

反対の声を上げた近くの住民はペイジだけでなく、ウィリアムスは二度ほど計画を撤回したが、その後、新たなプランを申請。これにもペイジは抗議したが、今週、市議会はウィリアムスの申請を許可する決断を下した。工事による振動は建物やその内装を脅かすものではないと判断したという。

ペイジの声は届かなかったが、ウィリアムスのプランは当初のものより縮小され、建物の外観が損なわれることはないという。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報