【イベントレポート】映画『リアル鬼ごっこ』公開初日、エンドロールにトリンドル、篠田、真野が涙

ツイート

7月11日、トリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜のトリプルヒロインによる映画『リアル鬼ごっこ』が公開初日を迎え、3人のヒロインとメガホンをとった園子温 監督が舞台挨拶を行なった。さらに、3人のヒロインは『リアル鬼ごっこ』の大ヒットを願って“鬼”瓦割りに挑戦。見事8枚の瓦を叩き割った。

◆映画『リアル鬼ごっこ』公開初日舞台挨拶 画像

この上映回において、観客と同じように、客席で映画を観ていたトリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜の3人。客席からステージへと登壇し、感想を求められると、篠田は「さっき観てたんですけど、震えが止まらなくて。エンドロールで自分の名前が出てくる時に、やっと今日、初日を迎えられたんだなと。嬉しさと、やっと(作品が)旅立ったというか。みなさんに観ていただけるんだなぁと実感しましたし、初日にこんなにたくさんの方に、「リアル鬼ごっこを観たい」と思って足を運んでいただいて、本当に嬉しく思います。」と、瞳を潤ませる。「ちょっと胸がいっぱいなんですけど……。公開初日にみなさんと同じように客席で観て、自分の名前がエンドロールに流れる瞬間。初めて観れたんですけど、「あ、どうしよう泣きそう」って思って横を見たら、トリちゃんも麻里子様も上を向いていらっしゃって。本当に、この作品に携われて、この作品の一部になれて、とても幸せです。」と、真野恵里菜もまた溢れ出る涙を拭う。「ウルウルしてました。」と、トリンドルもはにかんで見せた。

さらに園監督にも話を振られるものの、ここでトリンドルが「監督は観てなかったです! (席に)いなかった!」と暴露。これに園監督は「100回くらい観てるんで、恥ずかしくて廊下にいました。」と弁明し、「みんながウルウルしてるのを見て、ビックリというか、おお、すごいなぁ、と。」と、感想を語った。

イベントでは、ヒロイン3人の元に鬼瓦が運び込まれる。そして縁起よく“8枚”ずつ重ねられた鬼瓦を前に、観客の「『リアル鬼ごっこ』大ヒット!」の掛け声で一斉に瓦割りを実施すると、大きな音を立てて瓦は見事真っ二つ。瓦を割った感想を求められると、「痛かった。全部割れてるのかと思ったんですけど、割れてましたね。」とトリンドル。篠田は「綺麗に割れてよかったです。」と余裕の表情。真野ちゃんは「気持ちよかったです。もっと痛いのかなって思ったんですけど、大丈夫でした。」と、瓦割りによってストレスまで発散してしまったようだ。

そして、そんな3人を眺めながら、「みんな力あるんだなと、怖くなりました。」と呟く園子温 監督だった。

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

『リアル鬼ごっこ』

7月11日 全国ロードショー
(c)2015「リアル鬼ごっこ」学級委員会
配給:松竹、アスミック・エース

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報