ハロー!プロジェクトの夏公演が開幕。「ステージに全員のりきれるかな?って心配になるくらい人数が多いです!」

ツイート

ハロー!プロジェクトメンバーが総出演する毎夏恒例のコンサートツアーが、7月11日の名古屋・日本特殊陶業市民会館フォレストホール公演より開幕した。

◆ハロー!プロジェクト各ユニットのライブ画像

オフィシャルから届いたライブレポートを紹介しよう。

  ◆  ◆  ◆

今回のコンサートについて、ハロー!プロジェクトのリーダーを務める℃-uteの矢島舞美からの意気込みは以下のとおり。

「ステージに全員のりきれるかな? って心配になるくらい人数が多いです!笑 でも、そんな大人数でお届けするハロコンならではのお祭り騒ぎのような、明るくて賑やかな空間になっていると思います! 新グループのパフォーマンスや、シャッフルユニット曲などにも注目していただきたいです。そして、今秋ハロプロを卒業するアンジュルムの福田花音ちゃんにとっては最後のハロコンでもあるので、このメンバーでできる最初で最後のステージをみんなで心を一つにして、全力で楽しみたいと思います! 私達℃-uteも結成から今年で10年を迎え、今ではハロプロ最年長グループとなり、可愛くてフレッシュな 後輩メンバーが沢山増えました。新メンバーたちの『やってやるぜ.!』みたいな気迫に負けないように、 私達も『やってやるぜ~!』の気持ちを持って今回のツアーを全力で楽しみたいです。℃-uteにしかだせない、大人なカッコイイパフォーマンスをお見せできたらなと思います!」── 矢島舞美(℃-ute / ハロー!プロジェクト リーダー)

オープニングから初日公演のステージに立つ総勢58人のハロプロメンバー(ハロプロ研修生含む)が登場し、会場に集まった約2100人のファンの声援で早くもホールが熱気に包まれる中、各グループが入れ替りで、オリジナル曲を次々に披露。メドレーを含む全31曲のパフォーマンスで、会場は終始盛り上がったまま約2時間のステージは終了。ツアー初日を無事にスタートした。
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報