高知が誇る無名のバンド sympathyが大阪BIGCATでフリーライブ決定

ツイート

たった一回の東京でのライブが所属事務所の目に留まり、ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEに至ってはライブを観ずに音源を聴いただけで契約してしまったという高知県が誇る超絶無名バンド・sympathy(シンパシー)が、8月21日に大阪BIGCATでフリー・ワンマンライブ<トランス状態 ON THE STAGE ~フライデーナイトはどうなっちゃうのー?!~>を開催することを発表した。

メンバーは、地元・高知に2人、東京と京都に各1人。別々の大学に進学して“絶賛遠距離中”のため、長期休みにならないと、なかなかライブができないsympathy。そんな彼女たちが、7月15日発売のミニアルバム『トランス状態』リリースを記念しての、今回のフリーライブ開催となる。ちなみにこれが、バンドにとって2015年初めてのライブだ。

「1人でも多くの人とフライデーナイトしたい! 1時間くらいしかやらないから終電だってしんぱいないよ!」とメンバーはツイートしている。

あわせてオフィシャルサイト(http://sympathy-yureru.com/)では、柴那典、三宅正一(Q2)の両氏によるオフィシャル・インタビューを掲載している。

<トランス状態 ON THE STAGE ~フライデーナイトはどうなっちゃうのー?!~>

2015年8月21日(金)
OPEN 18:00 / START 18:30
会場 : 大阪 BIGCAT
全席自由フリーライヴ ※ドリンク代不要

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス