ニール・ヤング、音に不満でストリーミング・サービスから撤退

ツイート

ニール・ヤングは、ストリーミング・サービスから撤退することを決めたそうだ。楽曲使用料にではなく、サウンドのクォリティーに不満があるという。

ヤングは火曜日(7月15日)、Facebookにこんなメッセージを掲載した。「俺にとって、ストリーミングは終わった。ファンもそれでいいと思ってくれることを願っている。金の問題じゃない。俺の同意もなくなされた損な契約のおかけで、俺の取り分は(ほかの全てのアーティスト同様)劇的に減ったがな」

「サウンドの質だ。俺は、自分の音楽をブロードキャスティング史上、もしくはこれまでの流通形態の中で最悪のクオリティーによっておとしめられる必要はない。ファンにこれを売りつけるのも正当なことだとは思えない。俺の音楽にとって良くない」

「みんなが聴いて、感じることができる音楽を作り広める、それが俺のすべきことだ。俺はそれを固持する」

今後、サウンドのクオリティーが向上するのであれば、考え直すという。現在のところ、かつてのAMラジオやカセットの音のほうがストリーミングより優れていたと感じているそうだ。

ニール・ヤングは、ハイレゾ対応のポータブルオーディオプレーヤーPono Playerを開発、販売をスタートさせている。

Streaming has ended for me. I hope this is ok for my fans.It's not because of the money, although my share (like all...

Posted by Neil Young on 2015年7月15日


Ako Suzuki

◆LINE MUSIC「Neil Young 83songs」プレイリスト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス