【ライブレポート】演歌アイドル 西田あい、男装も披露したデビュー5周年ライブ

twitterツイート

西田あいがデビュー5周年を記念し、7月18日に東京・ミュージックレストラン ラドンナ原宿にて<西田あい歌謡コレクション~5周年記念ライブ~>を昼の部、夜の部の2部に分けて行なった。そのオフィシャルレポートをお届けする。

◆西田あい 関連動画

  ◆  ◆  ◆

第1部ではギター、ドラム、ベース、キーボード、サックスの5人で編成された生バンドの演奏をバックに、西田は最新曲「雨おんな」で登場。会場からは割れんばかりの「あいちゃ~ん」コールが起こる。当日は不安定な天候で、原宿では午前中から雨が降り出したことに関して「本当に雨が降ってしまいましたね。私は本当は晴れ女なんですけどね。」とおどけた。

「このライブでは毎回新しい事にチャレンジしています。今回もブログで、昭和歌謡のリクエスト曲を募集し、その中から選りすぐりの曲を選びました。」と話し、「小指の想い出」「二人でお酒を」など昭和歌謡の名曲を歌唱。ファンのリクエストに応えしっかりと歌い上げた。

休憩を挟んだ第2部では、西田はなんと付け髭と黒のシルクハット姿の男装で客席から登場。ファンと握手をしながら、ピンキーとキラーズに負けじとばかりに「恋の季節」を熱唱。可愛い顔とは裏腹な男らしい振り付けで「勝手にしやがれ」を歌いきり、しっとりとしたバラード曲「酒と泪と男と女」を歌い上げた。

ニュージーランドに約2年間語学留学した経験を持つ西田は「ラブミーテンダー」で完璧に英詞を歌い上げ、グルーブ感たっぷりに演奏するバックバンドと共に「LOVER COME BACK TO ME」で観客に手拍子を煽り、終盤に向かって会場の熱も最高潮へ。

そのまま鮮やかな赤いドレスに早着替えをし、会場を驚かせると「ときめきカフェテラス」、「横浜ハーバーライト」、「愛はまにあいますか」、「ゆれて遠花火」とオリジナル曲を歌唱した。

アンコールでは、9月30日発売の新曲でお酒をテーマにした楽曲「涙割り」を初披露。「この曲で心機一転、歌手西田あいとして更に頑張っていきたい」とコメントすると、「この曲も応援するよ!!」というファンからの温かいレスポンスがステージに向けられた。そして「涙割り」のカップリング曲、「ひとりにさせないで」でステージを締めくくった。

整ったルックス、ユーモラスな男装、英詞曲と改めてポテンシャルの高さを印象付けた西田あい。昼夜合わせて集まった約200人のファンは、彼女の歌声に酔いしれた。

  ◆  ◆  ◆


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス