ピート・ドハーティ、悪癖が再発

ツイート

2014年、タイでリハビリを受け依存症を断ち切ったピート・ドハーティだが、親友の死をきっかけに、またドラックに手を出したそうだ。しかしながら、バンド・メイトのカール・バラーによると、一時的なもので、いまはクリーンだという。

◆ザ・リバティーンズ画像

ピートは4月、友人でコラボレーターだったアラン・ワスを失った。ワスは2月に自宅の窓から転落。以来、危篤状態にあったが、4月23日入院先で亡くなった。

カールは、この辛い時期、ピートがドラッグを再使用するようになったが、バンド・メイトが彼を支え、状況は進展したと『The Sun』紙に話した。「僕ら、彼のそばにいて、これを乗り超える手助けをしようと最善を尽くした」

「マザー・テレサみたいに聞こえるのは嫌だけど、バンドの愛や約束された将来が、彼を再び軌道に戻すことができた」この先もなにが起こるかわからないが、彼らはピートの力になっていきたいという。

リバティーンズは、現在、ヨーロッパのフェスティヴァルに出演中。9月には11年ぶりとなる新作『Anthems For Doomed Youth』をリリースする。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス