マイケル・ジャクソン、『スター・ウォーズ』出演を望んでいた

ツイート

マイケル・ジャクソンは、映画『スター・ウォーズ』シリーズに出演したがっていたそうだ。新三部作に登場するジャー・ジャー・ビンクス役を希望していたという。

◆マイケル・ジャクソン画像

しかし、それを良しとしなかったジョージ・ルーカス監督は、こんな形でそれをマイケルに伝えたそうだ。ジャー・ジャー・ビンクスの声を担当したアーメド・ベストは『Vice』誌のインタビューでこう明かした。「ジョージからそう聞いたよ。僕とナタリー・ポートマン、ジョージの子供たちとウェンブリー・アリーナであったマイケル・ジャクソンのコンサートへ行ったんだ。楽屋へ連れて行かれ、マイケルに会った。マイケルとリサ・マリー(・プレスリー)がいたよ」

「ジョージは僕を“ジャー・ジャーだ”って紹介したんだ。“ヘンだな”って思ったよ。マイケルは“オー、OK”って言っていた。僕は“なんなんだろう”って思った。マイケルがいなくなってから、僕らはアフター・ショウ・パーティーへ行き、ジョージと飲んでるとき“なんで僕をジャー・ジャーって紹介したの?”って訊いてみた。彼は“ああ、マイケルがあの役をやりたがってたんだ。でも、エピテーゼを使い「スリラー」みたいなメイキャップをしたがっていた”って言っていた。ジョージはCGIでやりたがってたんだ」

「僕が思うに、結局、映画よりマイケルのほうがビッグになりかねなくて、彼はそれが嫌だったんだと思うよ」

マイケルは『スター・ウォーズ』の大ファンで、等身大のダース・ベイダーやC-3PO、ボバ・フェットのフィギュアをコレクションしていたと言われる。

『エピソード1/ファントム・メナス』で初登場したジャー・ジャー・ビンクスの評判は散々で、2000年のゴールデンラズベリー賞では最低助演男優賞を受賞した。もし、マイケルが演じていたら、人気キャラクターになったのか、それとも彼のキャリアの汚点となったのか?

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報