ビリー・コーガン「新しいことをしたのはレディオヘッドが最後」

ツイート

スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンが、オルタナティヴ・ロックはこの20年間進化しておらず、ギターで何か新しいことをしたのはレディオヘッドが最後だと語った。

◆ビリー・コーガン画像

コーガンは『Entertainment Weekly』のインタビューでこう話した。「オルタナティヴ・ロック・ミュージックの大部分は20年間、進化していない。俺らはEDMや、キーボードとドラム・マシーン、リバーブなんかを使うアーティストにやられている。彼らは新しいテクノロジーを採り入れている。ギターは新しいテクノロジーじゃない。限られた手段しかない。ギターで何か新しいことをしたのは多分、レディオヘッドが最後だ」

スマッシング・パンプキンズは現在、北米でマリリン・マンソンとジョイント・ツアー中だが、その休日、ディズニーランドでコーガンの姿が目撃された。居心地悪そうな顔でビッグサンダー・マウンテンに乗る彼の写真がインターネットに出回った。

スマッシング・パンプキンズとマリリン・マンソンの<THE END TIMES TOUR>は8月8日まで続く。パンプキンズのドラムには、オリジナル・メンバーのジミー・チェンバレンが参加している。今のところ、彼の復帰はこのツアーに限られるそうだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報