星野みちる、キュートでオシャレ・爽やかなアルバム完成

ツイート

星野みちるの3rdアルバム『You Love Me』が完成した。9月2日にリリースになるという。

◆星野みちる画像

7月22日にリリースとなった小西康陽プロデュースによる先行シングル「夏なんだし」が既に話題となっている星野みちるだが、このアルバムがすこぶる素晴らしい。滑らかで清らかな歌はもちろん、楽曲のバリエーションと各アレンジのクオリティの高さが特筆の作品だ。キュートな曲から大人びた落ち着きのある楽曲まで、たっぷりの聴き応えが嬉しい。

『You Love Me』は、恒例のはせはじむ×佐藤清喜(マイクロスター)のトータル・プロデュース・コンビに加え、ヤン富田、小西康陽と超豪華なプロデューサー陣が星野みちるを料理、新たな一面が数多く開拓されたようだ。また、高浪慶太郎、奥田健介(NONA REEVES)、NEW TOWN REVUE(a.k.a.ドリンクバー凡人会議)が楽曲を提供、作品に豊富なバリエーションを与えている。


星野みちる作曲によるアーバンなディスコ~シティ・ポップ「ディスコティークに連れてって」、小西康陽プロデュース、稲川淳二がゲスト参加したミラクルなヒップホップ歌謡「夏なんだし」、NONA REEVESの奥田健介が作曲したダンサブルなテクノ歌謡「ちょっと Something New」、高浪慶太郎が作曲をした眩いばかりの王道フィル・スペクター歌謡「坂道の途中」、星野みちる、はせはじむによる軽快なモータウン歌謡『You Love Me』、福岡で話題のクリエイター集団NEW TOWN REVUE(a.k.a.ドリンクバー凡人会議)による「Secret Touch」、爽快なギターポップ歌謡「腰抜け男子にアイラヴュー」、矢舟テツローがピアノで参加した新機軸のエレクトロ・ジャズ歌謡「Misty Night, Misty Morning」、まるで遊園地のような多幸感溢れるドリーミー歌謡「Interstellar」、アート・オブ・ノイズもびっくりなエレクトロ歌謡「月下香夜曲」、星野みちる作曲によるベン・フォールズ・ファイヴ好きもニッコリな感動のピアノ・ロック歌謡「行きたい方へ」、そして巨匠、ヤン富田プロデュースによるDOOPEESの名曲カヴァー「窓から~思い出すために~SOME DAY, THAT PLACE IN TIME」で幕を閉じる、完全無欠の全12曲となっている。


星野みちる『ユー・ラブ・ミー』

2015年9月2日(水)発売
限定盤CD+DVD HCCD9565 3800円+税
通常盤CD HCCD9561 2800円+税
1.ディスコティークに連れてって
2.夏なんだし
3.ちょっと Something New
4.坂道の途中
5.You Love Me
6.Secret Touch
7.腰抜け男子にアイラヴュー
8.Misty Night, Misty Morning
9.Interstellar
10.月下香夜曲
11.行きたい方へ
12.窓から~思い出すために~Someday That Place In Time
DVD
1.夏なんだし(music video)
2.坂道の途中(music video)
3.特典映像
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス