【ライブレポート】me-me*、ドクターストップで藤北彩香が卒業へ

twitterツイート

me-me*の定期公演<me-me* Love Night-愛の伝え方-vol.16>が、7月19日に青山のFuture SEVENにて開催され、2期メンバー・藤北彩香が9月27日の定期公演をもって卒業することが発表された。

◆<me-me* Love Night-愛の伝え方-vol.16>画像

ここ数年、三半規管の病と付き合いながらme-me*としての活動を続け、努力を重ねてきた藤北。彼女の頑張りがme-me*のパフォーマンスを押し上げ、現在、me-me*はセクシーアイドルグループの中でNo.1ともいえる実力、そして評価を受けている。しかし今回、そんな藤北に下されたドクターストップ。本人、関係者で話し合った結果、9月でグループを卒業するという決断に至った。

イベントの終盤。リーダーのMaikaから藤北彩香卒業の発表がなされ、me-me*の活動を長らくお休みしていた藤北がステージに姿を見せる。

「私、藤北彩香は、体調……まぁ、前から悪かったんで騙し騙しやってきたんですが、ここ1ヶ月半くらい、「これは無理だ」と。「もう騙せない」と。踊ることができないので、このままme-me*に居続けてもご迷惑をおかけしてしまうという結論に達しました。9月のライブでme-me*を卒業します。なので、今回、ライブに来ることができなかった方にも、9月のライブできちんとご挨拶をして、卒業したいと思います。me-me*に加入してから、今まで大変お世話になりました。」

かしこまった雰囲気に若干の居心地の悪さを感じていたに違いない、真っ白なワンピースで久しぶりにスポットライトを浴びた藤北(まぁそれが彼女らしいところではある)。感極まるのを必死に抑えながら、集まったme-mer*(me-me*のファン)に挨拶すると、笑顔を見せた。

5人編成でのラストライブとなる<me-me* Love Night-愛の伝え方-vol.17 ~藤北彩香 卒業LIVE~>は、9月27日にFuture SEVENで開催。現在、チケットの予約を受付中だ(http://www.t-powers.co.jp/event/me-me/liveinfo.html)。

  ◆  ◆  ◆


なお、この日の公演は、藤北に加えて波多野結衣も体調不良のために参加できなかったことから、me-me*は普段の5人編成ではなく、急遽、Maika、神咲詩織、佳苗るかの3人編成に。当然、ダンスフォーメーションや歌割りも変更が発生し、加えて、3人でのパフォーマンスが決定してから本番までの期間でそろってリハーサルが行なえたのは、本番2日前の3時間のみ。綱渡りのようなギリギリの状態でのライブ強行となった。

一方、me-mer*はme-me*の緊急事態に集結。「学園天国」「今すぐKiss Me」をパフォーマンスしたのち、早くも汗を浮かべたMaikaが「なんか今日、いつもよりすごい気がする。気合いが入っているね。」というほどの声援を送ってステージを盛り上げる。

ステージのことで頭がいっぱいで、MCで何を話すかを考えることすらも忘れていたという3人(という事実に本番直前、ステージ袖で初めて気づいた)。とはいえその後も、「mirror」「DEVILOVE」などを幸か不幸か目新しいフォーメーションと、再現性の低い“この日のみのスペシャルバージョン”で披露した(それはただ単にミスしただけでは? なんていうツッコミは、ライブにおいて野暮というものである)。

第2部のトークコーナーでは、そんなバタバタだった3人をサンミュージックのお笑い芸人・カジが完璧にサポート(もっとも、カジはアメリカンな影アナとしても冒頭から会場を笑わせていたが)。佳苗るかからは、体力向上のために、真夏でも暖房をつけて練習をしているといった裏話が飛び出し、me-mer*を驚かせた。

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報