ボノとエッジ、ジョン・レノン特別イベントに出演

ツイート

国際人権救援機構アムネスティ・インターナショナルが、ジョン・レノンのアメリカ移住40周年を記念し、NY市が“ジョン・レノン・デー”と名付けた水曜日(7月29日)、同市のエリス島でスペシャル・イベントを開いた。

◆ジョン・レノン画像

レノンは、アメリカ政府からなかなか移住を認めてもらえず、裁判の末、ようやく1975年7月にグリーン・カードを手に入れた。

イベントにはヨーコ・オノのほか、U2のボノとエッジも出席。平和を願うスピーチが行われ、イエロー・サブマリンをモチーフにした7.2メートル×3メートルの大きなタペストリーが公開された。

タペストリーは、寄付金を募るため、アムネスティ・インターナショナルがジョン・レノンの楽曲を使用することを許可してくれたヨーコへ感謝すると同時に、レノンが広めた平和のメッセージを忘れないようにとの想いが込められているという。

サブマリンの上でジョンがピースするこのタペストリーは、エリス島にあるNational Museum Of Immigration(移民博物館)内に展示される。

Video at the link: http://www.reuters.com/article/2015/07/30/us-people-lennon-tapestry-idUSKCN0Q41K920150730

Posted by Yoko Ono on 2015年7月30日


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報