【連載】THE BOHEMIANSの5人全員かたまりダイナマイト連載[Vol.47]ビートりょう「高慢日記」

ツイート


突然ですが、先日7月30日(木)、鶯谷にある東京キネマ倶楽部で2015年の真夏がはじまりました。真夏をはじめたのは、もちろん我らがボヘミアンズ! 7月はじめから猛暑に見舞われていましたが、日本に本当の夏は来てなかったんです。驚きですね。何が言いたいかと言うと、彼らはここでワンマンライブ<Super Summer Fire Atomic BOHEMIANS SHOW 2015>をぶち上げ、最高のロックンロールパーティーを行いました。頭から5曲めまでは、メジャーデビュー作『憧れられたい』の収録順という、フレッシュ&ギラギラのセットリスト。もちろんその後、8月19日にリリースされるニューアルバム『brother, you have to wait』から新曲も披露してくれました。漏れ無く会場の全員が楽しんでいたこの夜。ロックンロールってほんと懐が深いですね。もういい加減「あちぃ~」も言い飽きた頃でしょうし、ロックと仲良くしていっそ真夏を存分に謳歌しましょうや!そんな気分です! ということで、今回の連載はボヘミアンズのギタリスト、ビートりょうの日常をおすそわけする「高慢日記」です。なんと、“ボヘミアンズの次”にアツいロックンロールバンドを教えてくれるんですってよ~~!!!!

  ◆  ◆  ◆

~ビートりょうの「高慢日記」~
◆第10回:「ボヘミアンズのニューアルバムを買ってください」

今回の高慢日記は、今ボヘミアンズの次にもっともアツいと言われているロッケンロールバンド「THE BITERS」の事について紹介したい!!!



このザ・バイターズというのは米ジョージア州アトランタ出身の四人組のイカした(いかれた)ロックンロールバンドの事!以上!
それ以外の事は知らない!詳しくはWebで!
http://www.biters.band/

てか、オイラもつい最近YouTube発見したので本当に何も知らないけど、映像を見ただけで「あ、こいつら俺らと同じだな~」って思わず笑っちゃう感じというか、俺らと同じようなバカバカしさをもったロッケンロールバンドな気がするんすよ。
ビジュアル的には四人とも長髪にタトゥーギンギンでグラムでメタルで、それでいて若造!(に見える!実際の年齢は知りません)

音はチープトリックやキッス的な70年代ロールのグルーヴでロックンロールはえぬき、じゃなくてロックンロールどまんなかでグー(はえぬきどまんなか伝わるかしら)。努力して「Last of a Dying Breed」という4曲入り音源をDLしてキメてみたところシン・リジィ感ある曲もあったね!Eね!

2010年頃のMVもあるので、どうやらど新人という訳では無さそうですが、どうやら来る8月7日にイギリスのレーベルから移籍第一弾アルバム『Electric Blood』をぶちかますらしいですぞ!祝!
そんなイカした(いかれた)ロールバンドの情報が日本にきちんと伝わってねえんじゃねえのか?って気がガンガンするので頑張る事にしたんですが
(素晴らしい音楽を独り占めするのは犯罪に近い行為だ。とキースリチャーズも言ってた様な言ってなかった様な)
最近では誰と会っても挨拶代わりに「ユーはザ・バイターズを知っとるけ?」というリフをキメてる訳だがどいつもこいつも返す刀で
「そいつはマーク・ボランより凄いのか?」と、こう来やがる。
俺はこう答える
「冗談じゃない!
マーク・ボランより
Tボランより
Tボーンウォーカーより
Tボーンステーキより
極道ステーキよりも
凄まじいロックンロールバンドだ!!!」
とにかく今バイターズをおさえないでどうする?と大を声にして言いたいぞ!そしてこの記事を読んでくれたキミは今日からTHE BITERS ARMYの仲間入りだ!(どうやらKISSを見習ってかバイターズファンの事をバイターズアーミーと呼ぶらしいです)

そんな訳で8月19日発売の我々のブランニュー・アルバム『brother,you have to wait』とTHE BITERSの『ELECTRIC BLOOD』とTHE LIBERTINESの『リバティーンズ再臨』とKeith Richardsのソロアルバム『CROSSEYED HEART』を買ってロックンロールしてくれっての!ジャンジャン!

  ◆  ◆  ◆




NEW ALBUM『brother, you have to wait』

2015年8月19日(水)発売
BUMP-048 ¥2,500 (税込)

[収録曲]
01. male bee, on a sunny day. well well well well!
02. sunday free irony man
03. a cinematic guy
04. hello, tender 0 year
05. so happy go lucky!
06. tom the new old
07. クーソーサーカス
08. I don’t wanna be your man
09. ひとりぼっちのあいさつ
10. bohemian boy

TOUR<ten years old diamond clash tour 2015 ~兄弟、時を待て!編~>

(※9月23日以外は、各地すべてワンマン公演)
9月23日(水・祝) 渋谷 TSUTAYA O-EAST
w / THE PREDATORS / Scars Borough
OPEN 17:15 / START 18:00
チケット料金:前売 ¥4,860(税込 / ドリンク代別)
チケット発売日:8月29日(土)
問:DISK GARAGE 050-5533-0888

9月27日(日) 仙台 LIVE HOUSE enn2nd
OPEN 17:15 / START 18:00
問:GIP 022-222-9999

10月4日(日) 札幌 BESSIE HALL
OPEN 17:15 / START 18:00
問:WESS 011-614-9999

10月9日(金) 福岡 Queblick
OPEN 18:15 / START 19:00
問:BEA 092-712-4221

10月11日(日) 岡山 PEPPERLAND
OPEN 17:15 / START 18:00
問:夢番地 岡山 086-231-3531

10月12日(月・祝) 梅田 Shangri-La
OPEN 17:15 / START 18:00
問:サウンドクリエーター 06-6357-4400

10月18日(日) 新潟 GOLDENPIGS BLACK STAGE
OPEN 17:15 / START 18:00
問:FOB新潟 025-229-5000

10月23日(金) 名古屋 CLUB UPSET
OPEN 18:15 / START 19:00
問:ジェイルハウス 052-936-6041

11月6日(金) 渋谷 WWW
OPEN 18:30/ START 19:30
問:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

チケット料金:前売¥3,240(ドリンク代別 / 税込)
チケット発売日:8月2日(日)
※11月6日公演チケット発売日:8月29(土)

この記事をツイート

この記事の関連情報