サカナクション、映画『バクマン。』主題歌「新宝島」は9月30日リリース

twitterツイート

サカナクションが歌う映画『バクマン。』主題歌「新宝島」が、9月30日にリリースされることが決定した。

「新宝島」は、2014年10月にリリースした10枚目のシングル「さよならはエモーション/蓮の花」以来、約1年ぶりの新曲。レコード会社曰く「『アルクアラウンド』『アイデンティティ』『ミュージック』といったヒット曲に続く、バンドの新たな代表曲となる予感に満ち溢れた力強い楽曲」とのこと。タイトルは、手塚治虫が1947年に発表した同名の漫画から付けられた。

シングルは、3種類の形態でリリースされる。2CD+DVDとなる豪華初回限定盤は、映画『バクマン。』BOX仕様となっており、サカナクションが手掛けた劇中で使用される映画音楽がノンストップで展開される30分を超える1曲の大作「MOTION MUSIC OF BAKUMAN。」として収録される。

なお、映画音楽全般をサカナクションが担当するのは『バクマン。』が初めて。

そして、「新宝島」のリリース発表に合わせて、タワーレコード、TSUTAYAなどの店舗で8月5日リリースのアルバム『懐かしい月は新しい月』および9月30日リリースのシングル「新宝島」2作連続W購入者対象の応募抽選イベントが<VISUAL&TALK SESSION>に決定した。このイベントは、アルバム『DocumentaLy』『sakanaction』リリースタイミングでも実施。山口一郎が進行を務め、楽曲やライブの制作の裏側を山口自らが秘蔵映像と共に語る内容で、今回もファンにとっては貴重なトークが期待できる。

イベントは札幌・東京・名古屋・大阪・福岡で開催予定だ。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon