中森明菜、新作シングルで苦悩の日々を歌う

ツイート

中森明菜が、2015年第2弾シングルとなる「unfixable」を9月30日にリリースすることが発表された。

中森明菜は、2014年8月にリリースした初のオールタイム・ベストアルバム2作品が大ヒットを記録。年末にNHK『紅白歌合戦』へ出演したのち、2015年1月には約5年半ぶりのシングル「Rojo -Tierra-」を発表。また、同月にはカバーアルバム『歌姫4 -My Eggs Benedict-』もリリースし、復活を遂げた。

だが、この程発表されたニューシングルのタイトル「unfixable」は、“再生不能”と訳することもできるのが気になるところ。7月13日に50歳の誕生日を迎えた中森明菜にとってちょうど50枚目のシングル(デジタルシングル含む)となる。2014年に続き2015年も海外レコーディングを継続して行っている彼女だが、表題曲「unfixable」は、そのレコーディングで制作された数曲の中から、50歳最初の“新曲”として選んだ1曲。同曲は初の全編英語詞であり、海外の4人の作家により共同制作された。楽曲では自身の苦悩の日々を歌っているというから、ファンはますます注目だ。

さらに、カップリングとして収録される「雨月」(日本語詞)も、彼女の活動休止中の気持ちを綴った作品となっている。「自分ではどうにもならない苛立ち、焦り…でも、それを乗り越えようと本当に少しづづ、少しづつ頑張っていると、小さいかもしれない、少しかもしれないけれども必ず一筋の光が見えてくる…」。中森明菜は、完成したこの曲を改めて聴くと涙が出てくるという。 

中森明菜自身にとっても、また、ファンに対しても意味のあるシングルとなりそうだ。

New Single「unfixable」

2015年9月30日発売
[初回完全限定生産盤]CD+DVD
UPCH-7048 ¥1,700+税
[通常盤]CD
UPCH-5853 ¥1,200+税
 CD収録
1.unfixable ※よみ:アンフィクサブル
2.雨月 ※よみ:ウゲツ
3.unfixable(Instrumental)
4.雨月(Instrumental)
DVD収録
「unfixable」イメージ映像

◆中森明菜オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報