【ライブレポート】放課後プリンセス、メジャー記念ワンマンで道重佐保が正式メンバーに

ツイート

8人組アイドルグループ、放課後プリンセスが、8月9日に東京・渋谷 TSUTAYA O-EASTにて、4周年&メジャーデビュー記念ワンマンライブを開催した。

放プリは、2011年8月に結成。インディーズで活動を続け人気を高めてきた。8月19日にミニアルバム『制服シンデレラ』で遂にメジャーデビュー。今回のライブは、放課後プリンセスのこれまでの集大成を見せるライブだ。

制服衣装のメンバーは、インディーズデビュー曲「放課後プリンセス ~おしえてください~」からライブをスタート。爽やかで明るい「Smile x3 ~笑顔ずっと咲いたままで~」、哀愁のメロディでしなやかなダンスを魅せる「真夏の夜の夢」などを披露し、観客のボルテージもぐんぐん上昇。

ソロコーナーでは、宮下まゆかがラブリーな「あうあう→きゅるるん」、生徒会長(リーダー)の小田桐奈々がポップな「七色フォトグラフ」を歌い、そして歌唱力に定評のある舞花が「バカだね Balld version」で圧倒的なボーカルを響かせ観客を魅了する。

放プリの妹分、候補生見習いの放プリユースのライブを挟み、後半戦に突入。ティアラをつけプリンセス衣装に変身してステージに戻ったメンバーは、メジャーデビュー盤のリード曲「制服シンデレラ」をパフォーマンス。メンバーは、キラキラのメロディのアップチューンで、弾けるような歌とダンスで魅せていく。

放プリの代表曲「古事記しか」では、“古事記 古事記 日本書紀!”コールが沸き起こり会場全体がヒートアップ。そして、「ジュリエット ~君を好きな100 の理由~」では、放プリユースも加わり10人でパフォーマンス。ステージ上とファンが一体となって盛りあがり、ライブ本編は終了した。

アンコールでは、小田桐が、「4周年をむかえられたのは、応援してくださるみなさんのおかげです。メジャーデビューして、これから活動範囲が広がって、いろんなところでお会いできるようにがんばります。私たちの前に新しい道が広がっています。夢の扉を、みなさんと一緒に開けていきたいです」と語ると大きな拍手に包まれた。そんな彼女たちの想いが詰まった、メジャーデビュー盤に収録される新曲「Dream Door」が初お披露目された。

そのあと突然、サプライズを知らせるダースベイダーのテーマが流れ、慌てるメンバー。封筒を渡された小田桐の口から重大発表として、これまで候補生としてグループで活動してきた、道重佐保が正式メンバーになることが告げられた。メンバーとファンから祝福され、涙を流す道重は、「私は至らない部分が多くて、なかなか正規メンバーに昇格できなかったんですが、今日、新たなスタートを切れてうれしいです。まだまだですけど、これからがんばっていくのでよろしくお願いします」と前向きな想いを語った。なお、正規メンバーとなった道重の戴冠式イベントが、8月20日に行われる予定。


正式に8人組となった放プリは「バカだね」「イチゴいちえ」をパフォーマンス。まだまだ興奮が収まらないファンの声に応えて、ダブルアンコールで再び「制服シンデレラ」を歌唱し、熱気あふれるライブの幕は閉じた。

今持てるパワーを出し切り、充実のライブを行った放課後プリンセス。これからメジャーという新たなフィールドで、制服のシンデレラたちが大きく羽ばたいていく。

TEXT:土屋恵介
PHOTO:金 壮龍

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報