『5時に夢中!』発、ふかわりょうが手がけるアラフォーアイドルのデビュー作は“悲哀×EDM”

twitterツイート


“DJ ロケットマン”としての顔も持つふかわりょうが司会を務める人気番組『5時に夢中!』から生まれたアラフォー・アイドルユニット「ザ・おかわりシスターズ」が、CDデビューすることが発表された。

◆ザ・おかわりシスターズ 画像

「ザ・おかわりシスターズ」のメンバーは、同番組の月曜日のゲストコメンテーター若林史江(37)と、アシスタントを務める内藤聡子(40)だ。かつてはチヤホヤされていたものの、いまだに幸福のアイコンを手に入れることができていない二人が、アラフォーならではの悲哀を軽快なEDMサウンドに乗せて唄うという。楽曲プロデュースは、もちろんROCKETMANだ。



すでに、昨日8月16日に行われたふかわ主催のイベント<ROCKETMAN SUMMER FES’ 2015 thank you for the music!>にて、ザ・おかわりシスターズの初お披露目がおこなわれており、二人の全力の振り付けに会場は大いに盛り上がったとか。ちなみに、彼女達の持ち歌は1曲。にもかかわらずCDリリースという展開に二人は戸惑っている模様だが、リミックスなどでどうにかするということだ……。

なお、10月21日のCDリリースに先立って、8月19日には先行シングル「恋はおかわり」がiTunesで配信される。晩婚化や、結婚をしない女性たちが増えている昨今、赤裸々に綴られた彼女たちの想いは、きっと世の女性たちの心を掴むだろう(?)。



CD「恋はおかわり」

2015年10月21日発売
DDCZ-2054 ¥1,500(税込)
テノヒラレコード

[収録曲]
1.恋はおかわり
2.恋はおかわり ミラーボールmix
3.恋はおかわり ファミレス号泣mix
4.恋はおかわり sunset mix
5.恋はおかわり オリジナル・カラオケ
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報