GEM 武田舞彩、福井県の「ふくいブランド大使」就任。そして滝に打たれる

ツイート

GEMの武田舞彩が、8月21日に福井県「ふくいブランド大使」に任命され、任命式が福井県庁にて行なわれた。

◆任命式、滝行中の武田舞彩 画像

その愛くるしさから“北陸の宝石”と称される武田舞彩は、地元・福井県の大使に就任することが芸能活動を始めてからずっと「夢」だと公言。自身のTwitter等で福井県の良いところを常々PRしてきた。これら活動から、今回、地元を愛する彼女がついに大使を拝命することになった。

しかも舞彩は「ふくいブランド大使」以外にも、福井県の公式恐竜キャラクターであるジュラチックの「ジュラチック応援PR隊」にも就任。さらに、自身の出身地である福井県鯖江市は日本のメガネフレームのシェアが90%を誇るメガネ街であり、地元愛とメガネ愛好家ということが認められ、「めがね大使」にも就任と、福井県の“大使三冠”を果たした。

「自分の誕生日の日にずっと夢だった福井県の大使に、それも3つも任命していただいて、本当に本当に嬉しいです! 幸せです。県外にもっと福井県のいいところをPRしていきたいです!」── 武田舞彩 大使

その後は、<iDOL Street 5周年記念 日本列島縦断の旅 ~歩み続ける少女たち~>の一環として、アピタ福井大和田店にてにて福井県凱旋ライブを敢行。大使就任の報告を聞いたファンたちは大喜び。またこの日は舞彩の17歳の誕生日ということもあって、舞彩への声援は一層激しいものとなり、武田はステージ上で感謝の言葉を述べながら歓喜の涙を流した。

ところで舞彩大使は、任命式前に、福井県の一乗滝にてなぜか滝行を敢行。実はこの一乗滝、2014年にAKB総選挙で1位になれなかったとしてHKT48の指原莉乃が禊の滝行を行った場所でもある。


この日の滝は一か所に滝の流れが集中するというナイスコンディション。「ものすごく怖いです!」と言っている割にはなぜか笑顔の舞彩。見事に空気を読んだ滝の勢いもあって、滝行中は眼も開けられない程であったが、手を合わせしっかりと福井県の洗礼を受けた。

「これでGEMは日本一のアイドルグループになれるはずです!いや、なります!」── 武田舞彩 大使

とにもかくにも、彼女にとって忘れられない1日となったようだ。

「17歳では何に打たれるのでしょう。」── 答えは「滝」だったようです。

この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報