【連載】THE BOHEMIANSの5人全員かたまりダイナマイト連載[Vol.48]本間ドミノ先生「レコード棚あさり」

twitterツイート


日本列島、突然涼しくなってまいりました。学生の方は完全に夏休みも後半戦。残り僅かだと思うと突然夏の暑さも尊い気がしてくるのが人間という生き物のサガだったり、別にそんなこともなかったり。まぁ多少なりともちょっぴりセンチな季節を迎えている今日この頃ですが、みなさんならきっとご存知のはず、8月19日にTHE BOHEMIANSのニューアルバム『brother, you have to wait』がリリースされました! 遂にー! やったー! さぁ、9月からスタートするリリースツアーは各地で大いに盛り上がりましょうゼ! ということで、今回はそんなTHE BOHEMIANSのロックンロールをよりロマンティックに、ポップに、そして時にダーティーにも味付けしてしまうマジック・キーボーディスト=本間ドミノ先生のミュージックライフを覗き見ることができる「レコード棚あさり」をお届けします。知らない曲があったらぜひ聴いてみて!な、名曲揃いのランキングを紹介してくれました。

  ◆  ◆  ◆

~本間ドミノ先生の「レコード棚あさり」~
■第10回:「夏再生回数ランキング」

本間ドミノです。


夏の甲子園、地元山形の鶴岡東高校は3回戦で負けてしまった。
惜しかったです。
隣の仙台育英、準優勝おめでとうございます。
応援させてもらいました。
選手のみなさんお疲れさまでした。

小学3年生から6年生まで野球やってました。
ショートかセカンドかピッチャー。
坊主頭がイヤでしょうがなくて中学入ったらやめました。
今はただの阪神ファンです。
能見投手が一番好きです。
THE BOHEMIANSは山形出身です。
THE BOHEMIANSはオレ以外野球に興味がある人がいないところが難点です。
THE BOHEMIANSが好きな日本のロックバンドの人達は、野球好きが多いんだけどな

幼少時アトピー持ちだったもんで、汗かきたくなくて夏はあんまし好きじゃなかった
今は、植物やら人やら何やらむせかえる匂いで、ああなんかが生まれてる生まれてるぞと夏に何かを期待するようになった。
何もしていなくても、何かがあることを感じさせてくれるから好きになった

山形の夏休みは8月20日くらいで終わりだったので、甲子園が終わる頃には、もう夏は終わりだった
8月19日にTHE BOHEMIANS、新アルバム発売しましたので、ツアーまで夏でいられそうです。
『brother,you have to wait』はたして皆さんの手には、耳には目には届いたであろうか?

これまでで一番解放しているアルバムです。
個人的に気に入ってる部分は、1曲目と2曲目の間隔と、5曲目の2:22~2:43です
是非聴いて下さい
秋のツアーも待ってます。

今回は本当に伝えたい事がこれしかないんだけど、それで終わる訳にはいかないので
記事タイトル通り、棚を思いっきり漁ってみました。
iPod、PC、レコード、CD、カセット、MD、持ってる曲思い出す曲総動員で、夏の再生回数ランキングTOP50をやります。

※冬にリリースされていても、オレが夏に聴いていた曲という意味で、夏の曲とは限らないです
※PC遍歴を考えると2007年くらいからの集計
※洋楽を入れると終わらなくなるので日本だけで
※THE HIGH-LOWS、THE BLUE HEARTS、ザ・クロマニヨンズ、スピッツ、the pillowsは省きます。ランキング埋まるから

1位 呼んでくれ(The Houstons デモ)
2位 流星ビバップ(小沢健二『刹那』)
3位 太陽は罪な奴(サザンオールスターズ『海のYeah!!』)
4位 オーロラの夜(真島昌利『HAPPY SONGS』)
5位 君は天然色(大瀧詠一『A LONG VACATION』)
6位 胸いっぱい(サニーデイ・サービス『LOVE ALBUM』)
7位 BABY BABY BABY(真心ブラザーズ『I Will Survive』)
8位 星降る夜に(東京スカパラダイスオーケストラ『BEST OF TOKYO SKA 1998-2007』)
9位 真夏の果実(サザンオールスターズ『海のYeah!!』)
10位 ぼくはきみが好き(倉内太と彼のクラスメイト『Dandan yoku natteku』)
11位 天才ヴァガボンド(COIL『Singles+』)
12位 君が僕を知ってる(RCサクセション『Eplp』)
13位 外はいい天気(はっぴいえんど『HAPPY END』)
14位 魔法のバスに乗って(曽我部恵一BAND『キラキラ!』)
15位 我に返るスキマを埋めろ(TOMOVSKY『幻想』)
16位 Nobody(杉真理『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』)
17位 XXXXX(KING BROTHERS『THE FIRST RAYS OF THE NEW RISING SUN』)
18位 夏なんです(はっぴいえんど『風街ろまん』)
19位 夏のラララ(UG NOODLE・THE BOHEMIANS)
20位 それはちょっと(小沢健二『刹那』)
21位 夏の終わりのハーモニー(井上陽水・安全地帯)
22位 夏が来て僕等(真島昌利『夏のぬけがら』)
23位 TICKET TO TOKYO(THE GOGGLES『THE GOGGLES』)
24位 love(前野健太『ロマンスカー』)
25位 グレープフルーツちょうだい(ゆらゆら帝国『1998-2004』)
26位 スピーチ・バルーン(大瀧詠一『A LONG VACATION』)
27位 ダーリン・ミシン(RCサクセション『PLEASE』)
28位 雨上がりにもう一度キスをして(サザンオールスターズ『涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~』)
29位 毎日がブランニューデイ(忌野清志郎『夢助』)
30位 天使たちのシーン(小沢健二『犬は吠えるがキャラバンは進む』)
31位 日の出の日(中村一義『太陽』)
32位 ルーレット(真島昌利『夏のぬけがら』)
33位 今日を生きよう(サニーデイ・サービス『24時』)
34位 恋はいつも幻のように(ホフディラン『Washington,C.D.』)
35位 恋のナックルボール(大瀧詠一『EACH TIME』)
36位 人生Ⅱ(毛皮のマリーズ『Gloomy』)
37位 24hour Party People(The Baileys『Junke Box E.P.』)
38位 Lipstick On Your Collar(ザ・ルースターズ『Virus Security』DISC26 コニー・フランシス カバー)
39位 giulietta(THE COLLECTORS『HERE TODAY』)
40位 ゲット・アップ・ルーシー(Thee Michelle Gun Elephant『Chicken Zombies』)
41位 地球の一番はげた場所(真島昌利『夏のぬけがら』友部正人 カバー)
42位 ラ・ブーム-だってMY BOOM IS ME-(カジヒデキ『ミニスカート』)
43位 スロウダンス(くるり『ワルツを踊れ』)
44位 Nothing Lasts Forever(Ug Noodle『The Indian Waltz』)
45位 1.2.3!(住所不定無職『JAKAJAAAAAN!!!!!』)
46位 Tenderly(THA BLUE HERB『LIFE STORY』)
47位 Drifter(キリンジ『FINE』)
48位 ベンガルトラとウィスキー(andymori『andymori』)
49位 愛しのサンダーバード(The Strikes『DEAR-TRACKS』)
50位 真夜中に僕等(The Moonlights『東京ビートNo.1』)

ここまでくると100位までやりたい
僅差が多すぎて悲しくなってきた。
夏はギンギンロールよりポップス嗜好のようで

調べ終わってみて、過去のランキングだわーこれ、とも感じる
日々更新される

ちなみに、今回省いた最高バンドのそれぞれの夏1位は
THE HIGH-LOWS/夏の朝にキャッチボールを
THE BLUE HEARTS/雨上がり
ザ・クロマニヨンズ/エイトビート
スピッツ/田舎の生活
the pillows/Back seat dog

ギンギンのロックンロールナンバーが少ないのは、やはり主に甲本氏真島氏、洋楽でバカになった部分なのだと
あと日本人でロール純度が高すぎて部屋では聞かない順位は下記です
1位 KING BROTHERS
2位 ギターウルフ
3位 ザ・ルースターズ
4位 THE NEATBEATS
5位 ザ50回転ズ

思い入れ、注釈を少し
・8位「星降る夜に」が出た時は、この曲が1位にならないって日本どうかしてるわ、と平田言ってたの覚えてる。
・10位「ぼくはきみが好き」45位「1.2.3!」は、録音で参加させてもらったこともあって、必然再生回数多いです。どっちもいい曲です
・4位「オーロラの夜」は、THE FOREVERSのガクちゃんとLIVEで演奏した事があるので、これも同上。
・21位の「夏の終わりのハーモニー」に関しては、タモリさんのテレビにふたりで出て唄っている映像を探して見て頂きたい。
・30位、33位を聞きながら眠りにつく夜が幾度あっただろうか。夏に限らず、スーと眠れます。

集計や確認再生が滅茶苦茶、楽しかった
時間があっと言う間にすぎた。
今度は洋楽でやりたい。
別の季節でもやりたい

また今度!

  ◆  ◆  ◆




NEW ALBUM『brother, you have to wait』

2015年8月19日(水)発売
BUMP-048 ¥2,500 (税込)

[収録曲]
01. male bee, on a sunny day. well well well well!
02. sunday free irony man
03. a cinematic guy
04. hello, tender 0 year
05. so happy go lucky!
06. tom the new old
07. クーソーサーカス
08. I don’t wanna be your man
09. ひとりぼっちのあいさつ
10. bohemian boy

TOUR<ten years old diamond clash tour 2015 ~兄弟、時を待て!編~>

(※9月23日以外は、各地すべてワンマン公演)
9月23日(水・祝) 渋谷 TSUTAYA O-EAST
w / THE PREDATORS / Scars Borough
OPEN 17:15 / START 18:00
チケット料金:前売 ¥4,860(税込 / ドリンク代別)
チケット発売日:8月29日(土)
問:DISK GARAGE 050-5533-0888

9月27日(日) 仙台 LIVE HOUSE enn2nd
OPEN 17:15 / START 18:00
問:GIP 022-222-9999

10月4日(日) 札幌 BESSIE HALL
OPEN 17:15 / START 18:00
問:WESS 011-614-9999

10月9日(金) 福岡 Queblick
OPEN 18:15 / START 19:00
問:BEA 092-712-4221

10月11日(日) 岡山 PEPPERLAND
OPEN 17:15 / START 18:00
問:夢番地 岡山 086-231-3531

10月12日(月・祝) 梅田 Shangri-La
OPEN 17:15 / START 18:00
問:サウンドクリエーター 06-6357-4400

10月18日(日) 新潟 GOLDENPIGS BLACK STAGE
OPEN 17:15 / START 18:00
問:FOB新潟 025-229-5000

10月23日(金) 名古屋 CLUB UPSET
OPEN 18:15 / START 19:00
問:ジェイルハウス 052-936-6041

11月6日(金) 渋谷 WWW
OPEN 18:30/ START 19:30
問:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

チケット料金:前売¥3,240(ドリンク代別 / 税込)
チケット発売日:8月2日(日)
※11月6日公演チケット発売日:8月29(土)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon