九州代表・中村千尋+わかまつごう「ひごさつま」誕生

ツイート

肥後(熊本県)出身・「ギタ女」中村千尋と、薩摩(鹿児島)出身・ボヤケルズのわかまつごう。2人のシンガーソングライターによるデュオ「ひごさつま」が結成され、デビュー曲「手紙を書く癖」のミュージックビデオが公開となった。

◆ひごさつま「手紙を書く癖」MV

共に新鋭レーベルARIGATO MUSICに所属する中村とわかまつの2人。「ひごさつま」の誕生に際し、「俺にプロデュースさせてくれ」と願い出たのが、同じくARIGATO MUSICに所属する、ベリーグッドマンのリーダーにしてコンポーザーのRoverだ。

元々どちらも音楽面では強い個性をもつ2人だが、その個性がぶつかり合うことを前提にRoverは2人の声質やキャラクターを考えぬき、持ち味を最大限に活かした楽曲を制作。「永遠に届かない手紙」というせつないストーリーを持つ「手紙を書く癖」の完成へと至った。


▲「手紙を書く癖」配信盤ジャケット

「手紙を書く癖」は、8月26日にiTunes限定先行盤が配信開始。9月16日には九州地区限定のシングル盤もリリースされる。配信盤のジャケットは、九州の音楽人なら知らない人はいない、熊本出身のスマイリー原島をフィーチャーしたものとなっている。

また、二人の地元の九州では早速“ひごさつまムーブメント”が巻き起こっている。KBC「ドォーモ」のテーマ曲や、FMQリーグ パワープレイ(九州・山口のJFN系列8局が1年に1度、1アーティストを選出するキャンペーン)に決定するなど、今後の広がりも気になるところだ。

ひごさつまはデビューアルバムを視野に入れ、熊本と鹿児島を結ぶ「肥薩おれんじ鉄道」をテーマした楽曲などの制作も行なっている。ユニットは一回限りのコラボレーションではなく、今後も継続的に活動が行なわれていくとのこと。


配信&シングルCD「手紙を書く癖」

8月26日 iTunes先行配信
9月16日発売
九州/山口地区先行シングル(ワンコインCD)
iTunes楽曲リンク:https://itunes.apple.com/jp/album/shou-zhiwo-shuku-pi-single/id1031537808

この記事をツイート

この記事の関連情報