ウィル・アイ・アム、「ボランティアのみんなを誇りに思う。」

ツイート


福島のライブイベント<Celebration>に出演するウィル・アイ・アムが日本のボランティア参加者へ向けたメッセージ動画が公開されている。

◆ウィル・アイ・アム メッセージ動画

ウィル・アイ・アムは、ブラック・アイド・ピーズの活動は言わずもがな、音楽プロデューサーやマルチクリエーター、起業家という肩書がありながら、慈善活動家としての顔も持ち併せている。そんな彼は、9月5日(土)に福島県福島市のあづま総合体育館にて開催される「RockCorps supported by JT 2015」のライブイベント<Celebration>の出演アーティストのひとりだ。

そもそもこの「RockCorps」とは、指定された4時間以上のボランティア活動をするとコンサートチケットが1枚もらえるという“新しい社会貢献のカタチ”である。音楽の力を通じて人々に社会貢献活動への参加を呼びかけ、人々がより地域やコミュニティーにコミットすることを推進しているプロジェクトで、2005年にアメリカで開催されて以降、世界中で延べ16万人が参加するムーブメントに拡大している。

現在、東日本大震災から4年が経っているが、今なお復興に向けたボランティア活動が必要とされている。2014年に日本及びアジアで初開催となった「RockCorps supported by JT」では、東日本大震災の復興支援を目的としたボランティアイベントが2014年4月26日~9月6日まで計144回行われた。9月6日に同じくあづま総合体育館にて行った<Celebration>では、コブクロ、May J.、flumpool、NE-YOのパフォーマンスが繰り広げられたのである。そして同プロジェクトでは2014年に引き続き、“東北復興”をメインテーマにボランティアプログラムへの参加を呼びかけている。

ウィル・アイ・アムは今回届いた本動画で、「RockCorps supported by JT 2015」に参加を決めた理由や、<Celebration>への想い、そして日本のボランティア参加者へのメッセージを語っている。


なお、このメッセージの日本語訳がこちらだ。

  ◆  ◆  ◆

「RockCorps Japanから出演依頼を受けた時、絶対に出演しなければならないと思ったんだ。
福島の復興に向け、一生懸命ボランティア活動をしたみんなを、称え、そして祝いたいと思った。
僕にできる事、それはコンサートをして、みんなの努力を一緒に祝うこと。
ボランティアのみんなを誇りに思う。そして一日も早い福島の復興を願っているよ。」

  ◆  ◆  ◆

なお、<Celebration>のチケットが入手できるボランティア参加者は現在も公式ホームページ(http://rockcorps.yahoo.co.jp/)にて募集中だ。ボランティアは、<Celebration>当日の9月5日(土)午前まで実施予定となっている。

この記事をツイート

この記事の関連情報