e☆イヤホン、ついに3Dスキャナ本格運用開始

ツイート

飯田里穂の3Dスキャンの記事でご紹介したとおり、最新テクノロジーとなる3Dスキャナーによる耳型スキャンの本格運用が、8月29日(土)よりe☆イヤホン カスタムIEM専門店にてスタートとなる。

◆参照:【密着レポ】飯田里穂、3Dスキャンの巻[耳型採取編]

カスタムIEM製作には欠かせない耳型の採取だが、これまでのシリコン注入によるインプレッション採取に代わり、3Dスキャンによって、製作納期の短縮が可能となる。採取自体もこれまでよりも短時間で済むようだ。





3Dスキャン等の技術活用は、従来の高度な産業分野から幅広い分野で普及も始まり、各業界で革新をもたらしている。今回の日本初の3Dスキャンテクノロジー/店舗導入は、3Dスキャナーメーカ―米国UNITED SCIENCE社とのコラボによって本格稼働するもので、対象ブランドはUltimate Ears(アルティメットイヤーズ)での受付となる。

スキャンは、ハンドスキャナーで耳周りにレーザーを当てるだけのもので、3Dスキャン作業は片耳約5分前後/両耳で約10分前後と短時間で終了する。安全でスキャンには違和感や負担もなく、いいこと尽くめの新技術だ。




●耳型スキャン

対象店舗:e☆イヤホン カスタムIEM専門店
〒101-0021 東京都千代田区外神田 4-6-7 カンダエイトビル1F
TEL:03-3256-1701 FAX:03-3256-1702
営業時間:11時~20時年中無休
対象ブランド:Ultimate Ears
採取時間:両耳で約5~6分前後(従来は約30分前後)
耳型採取金額及びサービス開始キャンペーン:
・サービス開始キャンペーン期間:2015年8月29日(土)〜 同年9月7日(月)
・上記期間中、UEご注文のお客様限定にて、既存の充填剤の耳型採取と合わせて、3Dスキャンの無料体験をご提供いたします。
・¥5,400-(税込)…上記期間以降は、3Dスキャン もしくは 従来の充填剤での耳型採取のどちらかをご選択
この記事をツイート

この記事の関連情報