【ライブレポート】山崎あおい、22歳の目標に「浮気される」

twitterツイート

山崎あおい恒例のバースデーイベント<Happy LIVE Day with YOU>が、誕生日当日となる8月28日に渋谷クラブクアトロで開催された。いきなりの余談だが、前年の21歳の誕生日の前日、つまり山崎あおい20歳最後の晩御飯は、ひとりで560円の麻婆チャーハンだった。そして2015年、彼女はひとりでミニチキンラーメン食べてたら、誕生日当日を迎えたそうである。

◆山崎あおい <Happy LIVE Day with YOU> 画像

そんな山崎あおいのバースデーライブも今回で3回目。22歳の今回は、会場の壁面に投影された「1年の計は誕生日にあり」という映像からスタートする。荘厳なBGMとともに映し出された映像は、前年のバースデーライブ以降の彼女の1年間の活動を振り返るもの。そして、9月16日発売のコンセプトミニアルバム『ピンヒールベイビー』のジャケット写真に“また今年も山崎あおいの一年がはじまる”とテロップが浮かび上がると、山崎あおいがステージイン。集まった大勢のファンに向けて少し照れたような笑顔を浮かべつつ、「渋谷ー!」の声で1曲目は「ふたりで歩けば」。さらに疾走感に満ちた「深呼吸」で会場のボルテージを引き上げていく。

「22歳になりました。やったぜー。ありがとうございます。22歳……特に何の節目もない22歳ですけども、こうしてみんなに祝ってもらえて、本当に幸せです。本当にありがとうございます。」と、さっそく笑いをひとつ起こす。さらに、「発端こそ、私が“おめでとう”を言われたいがために開催されるこのライブですけど、最終的には皆さんが楽しかったなって気持ちで帰ってもらいたいと思います。私も、ガンガン盛り上げていきますし、みなさんも乗っかってきてくれたらなって思います。」と、頭を下げると、ここ数日の涼しさにマッチする「夏海」、そして「HERO」と、弾き語りで「カランコロン」をセンチメンタルを含ませて聴かせた。


ライブ中盤には、「山崎あおい 22歳の目標」と題されたスペシャルなコーナーが展開される。これは、オープニングムービーにあった「1年の計は誕生日にあり」という文言のとおり、山崎あおいが23歳になるまでの1年間で達成する目標を発表する企画。司会進行の梶原健生(Gt)を除く3人のバンドメンバーの手には、3巻の巻物が1巻ずつ握られており、それぞれに彼女が一筆入魂で目標を綴ったそうである。

さっそく、目標が公開される。ひとつめは『海外旅行』。これに山崎は「毎年ツアーが終わった後に長めのお休みがあるので、海外に行こうとするんですけど、毎年“パスポート持ってない!”で諦めてるんですよ。今年こそ、ここ1、2ヶ月のうちにはパスポートの申請を済ませたい。」と解説を加える。「大至急とってください。スマイルでは税関通れませんからね。」とツッコまれると、「Sightseeing」とドヤ顔でサムズアップ。パスポートは持ってないが、入国審査対策はすでにバッチリである(ただ、実際の入国審査で、入国の目的など滅多に訊かれないことを彼女はまだ知らない…!)。

ふたつめは『クリスマス曲』。客席からは驚きの声とともに拍手が起こる。それもそのはず、夏の曲が多い山崎あおい。「冬の曲は書いたことがなくて、クリスマスの曲も書いたことがないんですよ。だから書いたほうがいいかなぁ……。いや、1曲持っといたら、クリスマスの時に歌えるじゃないですか。」と、なんだか若干後ろ向きなコメントに会場からは失笑が漏れる。そして「クリスマスにロマンスがあれば書けるかもしれません。神様がBOY MEETS GIRLな感じで。」という一言。とにもかくにも、今年の年末こそは、「クリスマスの“彼氏と過ごすでしょ?え、あなた違うの?ドンマイ”みたいな風潮」についてのブログを書くのではなく、山崎あおい初のクリスマスソングが書けていることを期待したい……。

そして最後の目標は『浮気される』。唖然とする人、「えーっ」と声を上げる人。様々な反応が渋谷クラブクアトロを包み込む。

「やっぱり22歳、いろんな恋愛を経験しなきゃいけないなと思いまして。「浮気される」っていうのはどういう気持ちなのか、シンガー・ソングライターとしては知っておくべきかなと思いつつ、浮気されるって結構ハードルが高くて、まず、出会う、恋に落ちる、付き合う、ラブラブな時期が長くあって倦怠期がくる、で、浮気をされる。それに私が気づくまで「浮気をされる」という状況は発生しないんですよ。なので「浮気をされる」というこの一言の中に、それまでの幸せな日々も含まれています。恋の集大成がここにある。」

「浮気をされる」について熱弁を振るった山崎あおい。普段から恋人がいないことを自虐ネタにし続けている彼女だが、この22歳の1年こそは、自ら綴った歌詞に出てくるように<正義の味方じゃなく 君の味方だから>と言われるような、“自虐ネタを封印せざるを得ないような”ことにもなるのだろうか。でも、それはそれで、なんだかちょっと寂しいな……なんてことを序盤の「HERO」を耳にしながら考えたファンも中にはいたかもしれない。しかし、22歳になった彼女は、そんな我々の心配の向こう側、もしくは斜め上を目指していたのであった。

コーナー終了後には、最新作「ナインスではじまる恋」のミュージックビデオが初公開となる。女子から女性へ、学生から社会人へ22歳の揺れる女子心をテーマにした『ピンヒールベイビー』に収録されている、“大人になっても変わらない気持ち”を歌ったこの曲。MVは、淡い恋心と、“もし違う人生だったら?”といったミニアルバムともリンクするコンセプトで制作され、シンガーソングライターの山崎あおいと、居酒屋の看板娘・山崎あおいの人生が交差する、というものになっていた。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報