マリーンズ カンパイガールズ、ビール販売3万杯突破し写真集発売が決定

twitterツイート

球界初の売り子アイドル・マリーンズ カンパイガールズが、8月30日までにビールを6人合計3万杯以上売り、写真集の発売が決定した。

8月30日の段階で、587杯売れば3万杯に到達するメンバーのビール販売数。3万杯売れば写真集発売決定というミッションを達成するため、最終日は小雨の降る雨天中止の可能性をぬぐいきれない中で始まった。思えば、5月12日のデビュー日は台風直撃を受けて試合が中止になり、それを含め3日の雨天中止を経験。“雨女伝説”を最終日まで引きずりながらの展開となった。

販売を無事終え、試合終了後、マウンド前にマリーンズ カンパイガールズ6人がそろい、ひとりひとりのこれまでの合計杯数が読み上げられる。そして3万543杯という数字が発表された瞬間、メンバーは抱きあって、写真集発売の喜びに浸った。

この日は幸運にも、試合終了までまとまった雨は降ることなく、試合も千葉ロッテマリーンズが勝ち3連勝。チームも3位浮上。30日に3万杯達成と3づくめの1日となった。

「途中、雨で中止の試合が重なり、心が折れかけましたが、球場に足を運んでくださるお客さんにも励まされ、支えられて、この日を迎えることができました。本当にありがとうございました。」── 今井さやか

カンパイガールズは、9月以降もこれまで通り、QVCマリンフィールドで行われる全公式戦に出勤し、ビールを販売し続ける。

また、9月4日には、マリーンズ カンパイガールズのデビュー曲「カンパイ娘」のCDがQVCマリンフィールド限定で発売開始となる。デビューシングルは600枚限定。価格もQVCマリンフィールドで売り子さんが販売するビールの価格と同額の700円(税込)となっている。

関連画像・リンク

◆BARKS Kawaii
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報