サイモン・コーウェル「ワン・ダイレクションの活動休止は健全」

ツイート

ワン・ダイレクションの生みの親サイモン・コーウェルが、彼らの活動休止について語った。オーディション番組『The X Factor』で結成してから5年、ハードなスケジュールをこなしてきた彼らがここで長期休暇を取るのは健全なことだと考えているそうだ。

◆ワン・ダイレクション画像

コーウェルは『Daily Mail』紙にこう話した。「1年休みを取るのは、しばらく前から知っていた。仕事の量を考えると、彼らにはそれが必要だ。いつもの通り、こう言ったんだ。自分で決めなさい、僕は君らが一緒にいるのを望んでるけどって。でも、それは自分たちで決めなきゃならない。彼らは賢いから、上手く対処するだろう」

「若いといったって、彼らのスケジュールは苛酷だ」と、「1年休みを取るのは健全なことだ」と理解を示した。

ワン・ダイレクションは2016年春から長期間、少なくとも1年間グループとしての活動を休止し、メンバーはそれぞれのソロ活動をスタートすると言われている。ナイルはソロ・アーティスト、ルイは『The X Factor』に審査員として出演、リアムは作曲やDJ活動、ハリーはソロ・アーティストや俳優活動を行うと噂されている。

ワン・ダイレクションはその前に、11月、5枚目のスタジオ・アルバムをリリースする。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス